新橋  人気グルメ&レストラン

日本の鉄道発祥の地である新橋は、丸の内・品川に連なるビジネス街で、サラリーマンの街として知られています。JR新橋駅を中心に、気取らない昔ながらの居酒屋や立ち飲みバーがひしめく飲み屋街で、近隣の銀座・丸の内エリアで仕事を終えたビジネスマンたちが帰宅前に立ち寄り、賑わっています。その一方で、東京臨海エリアを結ぶゆりかもめ線の開通に伴い、汐留エリアの開発がスタート。汐留シオサイトや日本テレビタワー、コンラッド東京が開業したのを受けて、おしゃれなレストランやバーなどグルメスポットも充実しています。

  • 糖質制限推奨店「肉塊UNO」は肉好きにとっては本当に天国かもしれない

    西新橋にある「糖質制限推奨店肉塊UNO」では3,500円で7種類のお肉が食べ放題!これはもう飲み会にも女子会にも使えそうな、肉好きにとっても天国みたいなお店です。お腹いっぱいお肉を食べたいときは、候補にしてみてはいかがでしょうか。

    このお店情報を見る
  • うなぎの5種盛りが500円!「まんまる」はうなぎ料理を追求しすぎてる

    新橋に、うなぎは美味しいけど高い!を覆す一軒があります。「うなぎと麦酒のまんまる」は驚くほどのコスパで珍しいうなぎの部位の数々が味わえます。火曜日と木曜日限定で味わえる500円のうなぎの串焼きや、ランチタイム限定、売り切れ御免の1,000円のまん…

    このお店情報を見る
  • これで880円はコスパ良すぎ! 新橋「タオ」の唐揚げランチが素晴らしい

    新橋駅から徒歩5分「タオ」(TAO)のランチは居酒屋さんのランチですが、デカ旨の唐揚げ5枚に加えてなんと、ごはんと豚汁はお替り自由の食べ放題。確実にお腹いっぱいになれて、コスパ最高です。これは新橋のサラリーマンの皆さんに独り占めさせてしまってい…

    このお店情報を見る
  • 名古屋系喫茶店の大本命、支留比亜(シルビア)珈琲店が超オススメ

    喫茶店のモーニングと言えば、何と言っても愛知県が有名です。コメダ珈琲などの有名チェーン店もありますので、日本全国でその独自の愛知喫茶店文化が知られるようになりました。愛知県が本店の支留比亜(シルビア)珈琲店の新橋店は名物のカルボトーストや…

    このお店情報を見る
  • 新橋で旨い牛丼が食べたいなら、居酒屋「なんどき屋」を忘れるべからず

    新橋では大手牛丼チェーンとはちょっと異なる、新橋独自の牛丼屋さんや居酒屋さんが提供する牛丼があります。長年愛されてきた「げんき」(閉店)や、真っ黒に煮込まれた独特の「岡村屋」も人気です。そして新橋名物と言えば、居酒屋「なんどき屋」の居酒屋…

    このお店情報を見る

イタリアンならこのお店

一度は行っておきたい。おすすめのお店を紹介

和食ならこのお店

一度は行っておきたい。おすすめのお店を紹介

赤身肉食べ放題3500円!糖質制限専門店「肉塊UNO」は肉好きにとっては本当に天国かもしれない

肉好きにとっては天国「肉塊UNO」。今日は美味しい赤身肉のお店を紹介します。牧草飼育牛が3,500円で食べ放題という夢のお店「肉塊UNO」にさっそく行ってきたので、ご覧下さい!


好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

まず1種類目、「イチボ」が目の前にドーンと置かれます。イチボとは、牛のおしりの先の部分で一頭からごくわずかしかとれない貴重な部位です。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

このお肉の赤々しい色!肉感!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

笑顔120%の店長さんが目の前で切ってくださいます。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

この希少価値の高いイチボが1種類目にいきなり出てくるとは・・・弾力のある噛みごたえ。肉の甘さと旨味が凝縮しています。味付けなんてなにもいらない・・・なんて気になるのですが「お肉にお好みでお付けください」と、岩塩やブラックペッパー、わさび醤油と、ブラジル料理のシュラスコではおなじみ、野菜ビネガーソースのモーリョがテーブルに置かれます。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

このモーリョはこのまま食べても美味しいですが、お肉と一緒に食べると。お口の中が野菜の甘みと爽やかなビネガーでさっぱりするんです。2種類目・3種類目は「リングイッサ」と「鶏のもも肉」。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

リングイッサとは、元はポルトガル風のソーセージだそうですが、今ではブラジルのシュラスコの方が有名ですね。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

ブラックペッパーの味がしっかりと効いていて、ピリッと辛めなリングイッサ。ゴストーゾ!(ポルトガル語で「おいしい」)

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

鶏のもも肉。噛んだ瞬間に鶏肉の旨味がカプセルが弾けたかのように口いっぱいに広がるんですね。グリルをしただけなのに、なぜこんなにも旨味がでるのだろうか。味覚壊れたのかな?と自分を疑いたくなります。4種類目は、「ランプ肉」です!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

この迫力!!!!!!!!!腰からおしりにかけての、すじがなくきめ細やかな部位!!!脂肪が少ない赤身肉がランプです。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

思わず笑っちゃうほど美しいです。噛むと筋繊維を1本1本味わえるかのような、すじや脂肪など、無駄なものがない故のお肉本来の深い味わいが感じられます。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

先ほどのモーリョと合わせて食べると、ビネガーの酸味と合わさり、さっぱりと食べられます。ちょっと待ってください・・・私はここで気づきました。まだ4種類目!?まだまだ出てくるじゃないですかー・・・!幸せホルモン大量放出中です。こんなに食べてもいいんですか!?いいんです!なぜなら食べ放題だから!5種類目は「日替わり牧草牛100%ハンバーグ」(※日替わりはおかわりできません)。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

キャー―――――――!!まさかのここに来てハンバーグ!!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

ご覧の通り、肉がこれでもかってくらいにギュッと詰まってます。衝撃の空気感ゼロ・・・!こんなにもギュギュっと100%牧草牛が凝縮した、雑味ゼロのハンバーグはここでしか食べたことがありませんよ・・・

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

記事を書いていたらもう一度食べに行きたくなってきました!!6種類目は「日替わりスペアリブ」(※日替わりはおかわりできません)。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

スペアリブとはあばら骨つきのお肉であります。店長さんおすすめの食べ方は、「骨を持ってがぶっとかじりつく」!女性の方も是非かじりついて堪能してください!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

臭みがほとんどなく、お肉がやわらかーい!!かじりつきが止まりません。最後の7種類目は「豚バラ」。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

バラとは胸の下部からお腹にかけてあばら骨を包む部分のお肉です。肉と脂肪が層になっているので、さらに濃厚な味わいです!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

これがわさび醤油ととっても合うんですよ・・・!一口噛むと外側の皮がパリッとして、噛むたびに豚バラの脂肪とお肉のジューシーな旨味が味わえます。豚バラなのに絶妙に脂が落ちていて、かつ脂の甘みも感じられる。これをわさび醤油のツーンとした辛味でしめる。最高かよ・・・!

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

店名どおり「糖質制限専門店」なんですが、どうしても炭水化物が食べたい欲張りさんは、パンも食べられます!

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

しかしこのパン・・・一味違うのです。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

もっちもち!!弾力がすごいです!これだけでも永遠に食べていたい。この秘密は材料にあります。グルテンを最小限に抑えたこちらのパンは、タピオカでんぷんの原料であるキャッサバとチーズをたーくさん使っています。さらに店長さんの愛情をたっぷりこめて練られて作られているそうです。しかも1個糖質8g!!!ロールパン1個でさえも糖質20gくらいなのここでも抑えられますね。しかしおいしすぎておかわりしたくなるのが難点・・・ですが、お肉を楽しみまくったら最後にデザートとして、焼きパイナップルが出てきます。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

このパイナップル、特に焼き目がついているところはなんだかスイートポテトのような味わいになるのです。酸味が飛んで甘味がますます増えていて、そしてさっぱり。しかもパイナップルにはタンパク質分解酵素も含まれているので、お肉との相性も抜群です。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

以上7種類のお肉が、日替わりのお肉以外は好きなだけ食べ放題なんです。お肉の厚さもリクエストに応えて薄く切ってくれるので、もう一度あのお肉すこーしだけ食べたいなぁというわがままなお願いも快く聞いてくれたり、また薄く切ることにより食感も変わるので、二度でも三度でも楽しめちゃうのです。ホットのマテ茶もおすすめですよ。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

南米では飲むサラダといわれているビタミンやミネラルが豊富なマテ茶。こちらはアルゼンチンでオーナーさんが直接仕入れてきたというマテ茶専用のコップだそうです!茶葉が直接入っていて、それをボンビージャと呼ばれる先端に茶こしがついたストローでまさに抽出したばかりのマテ茶の成分を直接飲めちゃうという本格的なマテ茶!どこまで健康にさせてくれるのでしょう・・・!ちなみに、店長さんのコンセプトは、「お腹120%になるまで返さない」。とのことですので、7種類のお肉を一通りいただいたあとも、もう三順いきますか?と、笑顔120%でめちゃくちゃお肉を薦められます。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

ここまでお腹いっぱいになるまで薦めてくるのには理由があります。「健康はお金では買えません。だからこそ日々口から入ってくる食べ物は一番大事です。ここでいかに最高のお肉を食べてもこの後に糖分たっぷりのデザートを食べたり、〆にラーメンなど食べてしまっては意味がありません。だからこそ、ここでお腹120%にして帰っていただく。そしてお肉パワーで、睡眠中に回復して明日のコンディションにつなげていただく」と店長さんは語ります。もう三順お願いします!

肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分

肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分のところにあります。

肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分

近くにある虎の門ヒルズを横目に1つ路地裏にはいったところにある、一際照明で照らされて明るいお店があります。そこがここ肉塊UNOです。

肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分
肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分

テーブル席とカウンター席があります。店内は清潔でとても綺麗。女子会にもおすすめです。

料理・雰囲気、全てが最高。至福の時間。

今回7種お肉のコースで、低温でじーーっくりと1時間位以上焼いたおいしすぎるお肉の数々をいただきました。しかもお腹120%になるまで。こんなに食べたのに赤身肉中心なので、翌日はコンディションもばっちりです(当社比)。これだけでも最高ですが、ここのお店のもう一つの特徴として、お店の方々が直接目の前でお肉を切ってくれること。店長さんを入れて3名のスタッフがいらっしゃるのですが、3人ともお客様との触れ合いを大事にしていて、一緒に楽しみを共有しようという感じが伝わります。なんだか3人の掛け合いも居心地がよく、関係性をお伺いしたところなんと、ご兄弟!長男がオーナーさん、次男が平社員(写真右)、三男が店長(写真真ん中)、四男ソムリエ(写真左)だそうです!

料理・雰囲気、全てが最高。至福の時間。

ここで得られるものはおいしい料理、カラダの健康だけじゃない。ココロまでリラックスできて心身ともに健康になれそうです。是非とも一度足を運んではいかがでしょうか。

店舗名 肉塊UNO
東京都港区西新橋2-15-17リッツ虎ノ門ビル1F

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

佐藤樹里
佐藤樹里

水泳インストラクター兼管理栄養士として勤務。その後フィリピン留学を経てカナダ・バンクーバーへワーホリにて、約1年渡航。現地のブランチレストランでカナダ人のシェフと共にシェフアシスタントとして働く。帰国後はアスリート向けの食堂と老人ホーム厨房にてWワークを経て独立。夢は世界に羽ばたくスポーツ栄養士。アスリートの明日とDREAM(夢)を叶える!アスドリファクトリー代表。[Twitter] https://twitter.com/JuriJapan1[Blog] https://asudreamfactory-juri.amebaownd.com/(編集:河瀬璃菜/フードクリエイティブファクトリー)

閉じる

カレーの店スマトラ、(牛)丼太郎、後楽そば~ 最後の一軒になった希少チェーン店をめぐる

肉好きにとっては天国「肉塊UNO」。今日は美味しい赤身肉のお店を紹介します。牧草飼育牛が3,500円で食べ放題という夢のお店「肉塊UNO」にさっそく行ってきたので、ご覧下さい!


好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

まず1種類目、「イチボ」が目の前にドーンと置かれます。イチボとは、牛のおしりの先の部分で一頭からごくわずかしかとれない貴重な部位です。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

このお肉の赤々しい色!肉感!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

笑顔120%の店長さんが目の前で切ってくださいます。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

この希少価値の高いイチボが1種類目にいきなり出てくるとは・・・弾力のある噛みごたえ。肉の甘さと旨味が凝縮しています。味付けなんてなにもいらない・・・なんて気になるのですが「お肉にお好みでお付けください」と、岩塩やブラックペッパー、わさび醤油と、ブラジル料理のシュラスコではおなじみ、野菜ビネガーソースのモーリョがテーブルに置かれます。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

このモーリョはこのまま食べても美味しいですが、お肉と一緒に食べると。お口の中が野菜の甘みと爽やかなビネガーでさっぱりするんです。2種類目・3種類目は「リングイッサ」と「鶏のもも肉」。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

リングイッサとは、元はポルトガル風のソーセージだそうですが、今ではブラジルのシュラスコの方が有名ですね。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

ブラックペッパーの味がしっかりと効いていて、ピリッと辛めなリングイッサ。ゴストーゾ!(ポルトガル語で「おいしい」)

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

鶏のもも肉。噛んだ瞬間に鶏肉の旨味がカプセルが弾けたかのように口いっぱいに広がるんですね。グリルをしただけなのに、なぜこんなにも旨味がでるのだろうか。味覚壊れたのかな?と自分を疑いたくなります。4種類目は、「ランプ肉」です!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

この迫力!!!!!!!!!腰からおしりにかけての、すじがなくきめ細やかな部位!!!脂肪が少ない赤身肉がランプです。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

思わず笑っちゃうほど美しいです。噛むと筋繊維を1本1本味わえるかのような、すじや脂肪など、無駄なものがない故のお肉本来の深い味わいが感じられます。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

先ほどのモーリョと合わせて食べると、ビネガーの酸味と合わさり、さっぱりと食べられます。ちょっと待ってください・・・私はここで気づきました。まだ4種類目!?まだまだ出てくるじゃないですかー・・・!幸せホルモン大量放出中です。こんなに食べてもいいんですか!?いいんです!なぜなら食べ放題だから!5種類目は「日替わり牧草牛100%ハンバーグ」(※日替わりはおかわりできません)。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

キャー―――――――!!まさかのここに来てハンバーグ!!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

ご覧の通り、肉がこれでもかってくらいにギュッと詰まってます。衝撃の空気感ゼロ・・・!こんなにもギュギュっと100%牧草牛が凝縮した、雑味ゼロのハンバーグはここでしか食べたことがありませんよ・・・

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

記事を書いていたらもう一度食べに行きたくなってきました!!6種類目は「日替わりスペアリブ」(※日替わりはおかわりできません)。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

スペアリブとはあばら骨つきのお肉であります。店長さんおすすめの食べ方は、「骨を持ってがぶっとかじりつく」!女性の方も是非かじりついて堪能してください!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

臭みがほとんどなく、お肉がやわらかーい!!かじりつきが止まりません。最後の7種類目は「豚バラ」。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

バラとは胸の下部からお腹にかけてあばら骨を包む部分のお肉です。肉と脂肪が層になっているので、さらに濃厚な味わいです!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

これがわさび醤油ととっても合うんですよ・・・!一口噛むと外側の皮がパリッとして、噛むたびに豚バラの脂肪とお肉のジューシーな旨味が味わえます。豚バラなのに絶妙に脂が落ちていて、かつ脂の甘みも感じられる。これをわさび醤油のツーンとした辛味でしめる。最高かよ・・・!

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

店名どおり「糖質制限専門店」なんですが、どうしても炭水化物が食べたい欲張りさんは、パンも食べられます!

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

しかしこのパン・・・一味違うのです。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

もっちもち!!弾力がすごいです!これだけでも永遠に食べていたい。この秘密は材料にあります。グルテンを最小限に抑えたこちらのパンは、タピオカでんぷんの原料であるキャッサバとチーズをたーくさん使っています。さらに店長さんの愛情をたっぷりこめて練られて作られているそうです。しかも1個糖質8g!!!ロールパン1個でさえも糖質20gくらいなのここでも抑えられますね。しかしおいしすぎておかわりしたくなるのが難点・・・ですが、お肉を楽しみまくったら最後にデザートとして、焼きパイナップルが出てきます。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

このパイナップル、特に焼き目がついているところはなんだかスイートポテトのような味わいになるのです。酸味が飛んで甘味がますます増えていて、そしてさっぱり。しかもパイナップルにはタンパク質分解酵素も含まれているので、お肉との相性も抜群です。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

以上7種類のお肉が、日替わりのお肉以外は好きなだけ食べ放題なんです。お肉の厚さもリクエストに応えて薄く切ってくれるので、もう一度あのお肉すこーしだけ食べたいなぁというわがままなお願いも快く聞いてくれたり、また薄く切ることにより食感も変わるので、二度でも三度でも楽しめちゃうのです。ホットのマテ茶もおすすめですよ。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

南米では飲むサラダといわれているビタミンやミネラルが豊富なマテ茶。こちらはアルゼンチンでオーナーさんが直接仕入れてきたというマテ茶専用のコップだそうです!茶葉が直接入っていて、それをボンビージャと呼ばれる先端に茶こしがついたストローでまさに抽出したばかりのマテ茶の成分を直接飲めちゃうという本格的なマテ茶!どこまで健康にさせてくれるのでしょう・・・!ちなみに、店長さんのコンセプトは、「お腹120%になるまで返さない」。とのことですので、7種類のお肉を一通りいただいたあとも、もう三順いきますか?と、笑顔120%でめちゃくちゃお肉を薦められます。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

ここまでお腹いっぱいになるまで薦めてくるのには理由があります。「健康はお金では買えません。だからこそ日々口から入ってくる食べ物は一番大事です。ここでいかに最高のお肉を食べてもこの後に糖分たっぷりのデザートを食べたり、〆にラーメンなど食べてしまっては意味がありません。だからこそ、ここでお腹120%にして帰っていただく。そしてお肉パワーで、睡眠中に回復して明日のコンディションにつなげていただく」と店長さんは語ります。もう三順お願いします!

肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分

肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分のところにあります。

肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分

近くにある虎の門ヒルズを横目に1つ路地裏にはいったところにある、一際照明で照らされて明るいお店があります。そこがここ肉塊UNOです。

肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分
肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分

テーブル席とカウンター席があります。店内は清潔でとても綺麗。女子会にもおすすめです。

料理・雰囲気、全てが最高。至福の時間。

今回7種お肉のコースで、低温でじーーっくりと1時間位以上焼いたおいしすぎるお肉の数々をいただきました。しかもお腹120%になるまで。こんなに食べたのに赤身肉中心なので、翌日はコンディションもばっちりです(当社比)。これだけでも最高ですが、ここのお店のもう一つの特徴として、お店の方々が直接目の前でお肉を切ってくれること。店長さんを入れて3名のスタッフがいらっしゃるのですが、3人ともお客様との触れ合いを大事にしていて、一緒に楽しみを共有しようという感じが伝わります。なんだか3人の掛け合いも居心地がよく、関係性をお伺いしたところなんと、ご兄弟!長男がオーナーさん、次男が平社員(写真右)、三男が店長(写真真ん中)、四男ソムリエ(写真左)だそうです!

料理・雰囲気、全てが最高。至福の時間。

ここで得られるものはおいしい料理、カラダの健康だけじゃない。ココロまでリラックスできて心身ともに健康になれそうです。是非とも一度足を運んではいかがでしょうか。

店舗名 肉塊UNO
東京都港区西新橋2-15-17リッツ虎ノ門ビル1F

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

最初に訪れたのは、「カレーの店スマトラ 新橋本店」。1943年創業、神田に次ぐ“カレーどころ”新橋で、最も古いとされるカレー屋さんだ。いまは4代目店主・浅川和治さんがお店を切り盛りする。はじめは高級洋食店としてオープン。しかし、新橋で大火事があって全焼し、建て替えにあたって大衆カレー路線にスタイルを変えた。それが1973年。そこからメインのフードメニューは「スマトラカレー(550円)」のみになった。

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

注文するやいなや、10秒ほどで出てくるスマトラカレー。早すぎじゃないか?「狙ってるんです。早く出されてイヤな人はいないので」(店主・浅川さん、以下同)

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

ごはんとカレールーを左右に分けて盛りつけるのが一般的だが、ルーがごはん全体にかかった状態で登場。珍しい。30種類以上の香辛料やハーブを使い、香りが立ったカレー。ルーは小麦粉を使っておらず、あまり水っぽさがなくて、適度なざらつきがある。ごはんとルーが渾然一体になった感じだ。

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

スマトラは高度成長期に支店が増え、多いときで7店舗あった。コンビニやファーストフード店がない中、スピードを優先する当時のモーレツ社員【※1】たちに愛されたらしい。※1 家庭を顧みず、会社のためにバリバリ働く社員のこと。1970年ごろ、この呼称が流行した食べてみると、たしかにその理由にもうなずける。ルーをごはんにかける手間がいらず、辛すぎないから必要以上に水を飲むタイムロスもない。ただただ夢中でかき込めるカレー。いわば時間がない新橋のサラリーマンのスピードフードだ。1種類のカレーを自分流にアレンジできるお客さんは漬物やサイドメニューとの組み合わせで自分好みの味を作っていく。テーブルの上で目立っているのは、4種類の漬物。

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

インドネシアのスマトラ島では、いろいろなものとカレーを一緒に混ぜて食べる習慣がある(漬物ではないが、お惣菜と混ぜて食べる)。それをヒントに並べたのだとか。「紅しょうがは珍しいと思いますが、ウチのカレーには合うと思います。しその実漬けは、常連さんに好きな人が多いですね」生卵の落とし方ひとつ取っても、味が変わる。浅川さんのオススメは、ごはんの中央に穴を開けて、そこに生卵を落とし、「白身がかかった部分」と「黄身がかかった部分」を、食べ比べながら食い進む方法だ。

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

こんな感じで生卵を埋めるようにする。おいしさの秘密などはTwitterで発信している。「キャベツサラダをカレーの上にぶっかける食べ方もあって、それもウマいんですよ。いろいろ混ぜて、試行錯誤しながら一番好きな食べ方を模索しているお客さんもいますね」食材の確保に苦心することもごはんには固くて粘りが少ない「ひとめぼれ」を選ぶ。口に入れたときに、ぽろりさらりと口の中で溶ける食感がお気に入りだそう。ルーはジャガイモと香辛料のつぶつぶ感が舌に残る。ジャガイモは「キタアカリ」を使っている。材料費が高く、利益は出にくい。「キタアカリは甘味と深みが強いのが特徴。あとデカイでしょう? 大きいほうが熟してるし、味も濃いんですよ」

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

糖類は一切入れず、野菜本来の糖度でルーの甘さを出している。「同じ材料を使って同じように作っても、同じ味にはなりません。でも、それを調整しようって気はなくて、素材の味の違いを楽しんでもらうのがウチのスタイル。素材によっては『今日、飛び抜けてウマい!』って日もありますよ」だが、食材の確保に苦心することも。「台風が北海道に当たるようになったからか、築地市場でもジャガイモがないときがあるんですよ。カルビーがポテトチップスの生産調整するくらいジャガイモが少ない年はとくに厳しかった。アマゾンで農家さんが売っているものを買って切り抜けました。送料もかかって高かったけど、材料がなきゃ、店を閉めるしかないんで」

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

スマトラのカレーにしか興味がない浅川さんはコックとして30年以上働き、スマトラの経営を引き継いでから、もうすぐ10年になる。もともと社員としてスマトラを支えていた時代もあったが、3代目店主の父と反りが合わず退社。もう飲食には関わらないつもりで、営業マンに転職した。「でも、親父が高齢で引退したいって。後継者もいないし、当時は支店も全部なくなっていました。この味が消えてしまうのは悲しいと思って、『じゃあ俺がやるか』と。よそで食べられる味だったらやっていません。僕はこのカレーにしか興味はないので。だからこそ、4代目として継ごうと思ったんです」

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

最後に聞いてみた。浅川さんにとって、このお店とは?「カレーに対する思い入れをまっすぐつぎ込める場所。ウチのスタイルがよければ来ていただきたい、そうでなければ他の店へ……が僕のやり方なんで。カンタンに言えば、僕の城ですね」

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」
カレーの店スマトラ 新橋本店
東京都港区 新橋1-16-10 浅川ビル1

最後の“牛丼太郎”

最後の“牛丼太郎”

続いて向かったのは、「丼太郎(どんぶりたろう)茗荷谷店」。もともとは「牛丼太郎」の名前で、最盛期は15店を構えていたものの、当時の運営会社が資金繰りの悪化で倒産。現在は有志たちにより「丼太郎」として営業している。筆者も、今は閉店してしまった代々木店によく足を運んでいたので、今回の再訪は感慨深いものがある。

最後の“牛丼太郎”

丼太郎になってからの新しい運営会社「丸光」の社長にして、丼太郎店主の佐藤慶一さんにお話を伺った。「実は100店舗体制までの工場を作っていて、もっとお店を増やす計画はしていたんですよ。でも、BSE騒動【※2】をきっかけに暗転しました。あと値下げ競争に巻き込まれてしまい、ウチの牛丼の価格が200円まで下がって。それで資金的に厳しくなって、倒産までいきました」(店主・佐藤さん、以下同)※2 プリオン(たんぱく質の一種)の感染で脳障害を引き起こす病気、「BSE(牛海綿状脳症)」の牛への流行に端を発した騒動。牛から人への感染が懸念され、日本でも米国産牛肉の輸入が全面的に禁止されるなど、外食チェーンへの影響が大きかった。「安い・ウマい・多い」が炸裂する牛丼は味噌汁付きで290円、冷奴(100円)とキムチ(60円)を追加しても、たったの450円。まさしく僕ら貧乏人が泣いて喜ぶお店である。

最後の“牛丼太郎”
最後の“牛丼太郎”

「牛丼1杯290円では、全然もうかりません。ただ、知名度の低いウチとしては価格が一番の武器なので。そして、この味でこの量だったらと。安い価格設定なので、そんなに高級な肉や米は使えないんですけど、その中でもタレや煮方などを研究して、肉のうまみを最大限に活かしながら作っています」

最後の“牛丼太郎”

食べると、明らかに「290円」以上の肉質に感じる。そして牛丼3大チェーンを上回らんばかりの、この量!

最後の“牛丼太郎”

牛丼に次ぐ、2番人気のメニューが「納豆丼(220円)」である。納豆は専門店から直接仕入れ、大手チェーンのように冷凍ではなく生の納豆なので、よりおいしい。

最後の“牛丼太郎”

派生メニューに、筆者がかつて愛した「キムチ納豆丼(270円)」もある。納豆の香ばしさとキムチの辛旨さがミックスされた傑作で、牛丼太郎が近所になくなってからもその味が忘れられず、松屋でごはん+キムチ+納豆を注文してやり過ごすほどだ。

最後の“牛丼太郎”

やさしい大家さんに助けられた牛丼太郎時代の運営会社は、経営の悪化により家賃が払えず、テナントを貸す大家さんと次々トラブルになり、一店、また一店と閉店。しかし、復活を望む客からの声が多くあった。「そんな声をずっと聞いていたので。1店舗でもいいから、牛丼太郎を残したかったんです」そして新会社を立ち上げるも、テナントの契約が新規扱いになり、敷金・礼金を払い直す必要があるため、ほとんどの既存店は資金が足りず残せなかった。しかし、茗荷谷店は違う。「すごくいい大家さんで、『太郎さん、がんばってるから応援する』と家賃も値上げしないでくれて。敷金・礼金もそのままでいいからって。『大丈夫、がんばって』と」その大家さんがいなかったら、もう、(牛)丼太郎はなかったかもしれない。

最後の“牛丼太郎”

(牛)丼太郎は「私の人生そのもの」牛丼太郎各店の閉店日は告知せず、最終日もひっそり閉めるはずだった。常連さんには伝えていたので、どこかで情報が漏れたのだろう。閉店日を知り駆けつけた人も多かったという。「とくに、代々木店の最終日はスゴかったですね。そのときは告知もしていたので、お客さんが殺到して食材がなくなるぐらいでした。そんな店なのに閉店する理由は、大家さんから家賃を値上げすると言われて。ウチはその金額をなかなか払えませんから……」

最後の“牛丼太郎”
最後の“牛丼太郎”

前より客は倍近く増えている。それぞれのお店で食べていた常連が集まり、数々のメディアで紹介されて遠方からの客も増えた。「丼太郎になったときには、また前あった場所に何店舗も出店できればと思っていました。ただ、いまはこの茗荷谷で1店舗ながらがんばって、地域の人たちに愛されるお店になりたいと思ってます。みんな年を取ってきましたけど、続けられる限りはやろうって」(牛)丼太郎とは佐藤さんにとってどんな存在か。「もう、私の人生そのもの……な感じですね。大学生時代のアルバイトからはじまって、もう30年以上います。家にいるよりも、店もいるほうが長い。毎日味見をしますから、誰よりも牛丼を食べていると思います」

最後の“牛丼太郎”

ちなみに、2017年に銀座に本家とはまったく関係がない「牛丼太郎」という名前の店がオープンし、ネット上で“ニセ牛丼太郎”騒動が起こった。ん?銀座に牛丼太郎あるの?何故か吉野家っぽいデザインで、24時間営業なのに閉まってるし、謎だ。 pic.twitter.com/ZI28WmYU1X現在この店は閉店している。佐藤さんはお客さんから聞いて存在は知ってはいたものの、閉店したのは知らなかったという。「別にイヤともなんとも思ってませんでした。がんばってほしいなと。でも、お店を続けるのは難しいからね……」

丼太郎
東京都文京区小日向4-5-9

2000人が並んだ味。後楽そば

最後は1972年創業の「後楽そば」へ。鉄板で作るやきそばが自慢の立ち食いそばチェーンだ。

2000人が並んだ味。後楽そば

別業態のグループ店舗はあるものの、同じ業態は歌舞伎町店や吉祥寺店がなくなり、最後に残された有楽町店も惜しまれつつ、2016年5月に閉店した。

2000人が並んだ味。後楽そば

後楽そばの歴史はそこで一旦途絶えたが、2018年3月に有楽町店の移転先として復活し、止まった時計を動かしたのが、この五反田店だ。店長の夏目さんにお話を伺った。「有楽町店は、東京オリンピックに向けた耐震工事の影響で、立ち退きになったんです。2年ぐらい間が空いたのは、なかなかお店をやるところが見つからなくて。ウチみたいなところは駅近で、駅でも人数が多いところじゃないと」(店長・夏目さん、以下同)名物メニューは、夏目さんもオススメのやきそば(並400円)。自家製の太麺に、岡山で作られた「サラッとしたソース」と「ドロッとしたお好みソース」の2種類を混ぜて使っている。器は有楽町店で使っていたものと同じだ。

2000人が並んだ味。後楽そば
2000人が並んだ味。後楽そば

ただ「わかりやすいソース味一辺倒」ではなく、もう一つ別の香ばしさを感じる。2種類のソースが、このむしゃぶりつきたくなるような味を出しているに違いない。

2000人が並んだ味。後楽そば

そして、生たまご(70円)との相性が非常によい。卵かけごはんのごとく、とにかく無性にすすって食いたくなるような味だ。店員さんに頼むと出てくる激辛ソースやセルフサービスの長ネギを乗せると、さらにそのヤミツキ度は増す。トッピングや付け合わせで、さらに輝きを増すやきそばである。

2000人が並んだ味。後楽そば
2000人が並んだ味。後楽そば

そばの量は標準の2割増し

2000人が並んだ味。後楽そば
2000人が並んだ味。後楽そば

そばは、有楽町時代より麺の量を増やして、通常の2割増し。「一杯で満足してもらう」ためだ。ちょっと珍しい「とろろ昆布そば(400円)」は昔からあったメニューで、少なくとも夏目さんが入る20年ほど前からあった。ちなみに、アナウンサーの高橋真麻さんも常連とのことで、テレビで絶賛している。

2000人が並んだ味。後楽そば
2000人が並んだ味。後楽そば
2000人が並んだ味。後楽そば

ごはんものやセットメニュー、やきそばのトッピングを頼んだ人には、そばつゆがスープ代わりに付いてくるのもうれしい。しかも、若干薄めていて、飲みやすくなっている。五反田の街で根付きたい「有楽町店がなくなる日は、たしか2000人ぐらいお客さんがいらっしゃいました。すごい行列の中でもお客さんがずっとやきそばを待ってくれて。いまでも有楽町時代のお客さんが『懐かしいね』『変わってないね』って来てくれるのがうれしいですね」そんな夏目さんは、「有楽町に戻れれば、一番いいと思いますが」と前置きしながらも、こう語る。「いまは五反田でがんばっていきたいなと。駅近にしては、人通りが少ない道沿いにあるので、まだまだ知らないお客さんもいると思います。定着するにはこれからです」

2000人が並んだ味。後楽そば
2000人が並んだ味。後楽そば
後楽そば 五反田店
東京都品川区東五反田1-26-6

おわりに

「最後の一軒」を巡る旅は、これにて終了。3店へ足を運んで、お店の方に話を聞いて思ったこと。それは、「みんな地に足が着いている」。人生経験を経て、スマートな頭と確かな腕を持ち、それでも人生で目標を失っていない人たち。僕らがいつかなりたいと思っていた「大人」の姿がそこにはあった。そんな大人たちが今日もお客さんたちを迎えている。また、「最後の一軒」へ出かけたくなった。

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

僕はチェーン店が好きだ。その中でも「残り1店だけになったチェーン店」には、特別な想いを持つ。いつも楽しませてくれたお店たちの、最後の砦。僕はそんな「最後の一軒」を巡る旅に出た。

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

辰井裕紀(たつい・ゆうき)
辰井裕紀(たつい・ゆうき)

ローカルネタ・卓球・競馬などが得意のライター。過去に番組リサーチャーとして秘密のケンミンSHOWなどを担当。Twitter:@pega3編集:ノオト

閉じる

新橋「ビーフキッチンスタンド」はせんべろ民を片っ端から魅了する恐ろしい店…!290円のビフテキがめちゃ旨いよ

肉好きにとっては天国「肉塊UNO」。今日は美味しい赤身肉のお店を紹介します。牧草飼育牛が3,500円で食べ放題という夢のお店「肉塊UNO」にさっそく行ってきたので、ご覧下さい!


好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

まず1種類目、「イチボ」が目の前にドーンと置かれます。イチボとは、牛のおしりの先の部分で一頭からごくわずかしかとれない貴重な部位です。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

このお肉の赤々しい色!肉感!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

笑顔120%の店長さんが目の前で切ってくださいます。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

この希少価値の高いイチボが1種類目にいきなり出てくるとは・・・弾力のある噛みごたえ。肉の甘さと旨味が凝縮しています。味付けなんてなにもいらない・・・なんて気になるのですが「お肉にお好みでお付けください」と、岩塩やブラックペッパー、わさび醤油と、ブラジル料理のシュラスコではおなじみ、野菜ビネガーソースのモーリョがテーブルに置かれます。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

このモーリョはこのまま食べても美味しいですが、お肉と一緒に食べると。お口の中が野菜の甘みと爽やかなビネガーでさっぱりするんです。2種類目・3種類目は「リングイッサ」と「鶏のもも肉」。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

リングイッサとは、元はポルトガル風のソーセージだそうですが、今ではブラジルのシュラスコの方が有名ですね。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

ブラックペッパーの味がしっかりと効いていて、ピリッと辛めなリングイッサ。ゴストーゾ!(ポルトガル語で「おいしい」)

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

鶏のもも肉。噛んだ瞬間に鶏肉の旨味がカプセルが弾けたかのように口いっぱいに広がるんですね。グリルをしただけなのに、なぜこんなにも旨味がでるのだろうか。味覚壊れたのかな?と自分を疑いたくなります。4種類目は、「ランプ肉」です!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

この迫力!!!!!!!!!腰からおしりにかけての、すじがなくきめ細やかな部位!!!脂肪が少ない赤身肉がランプです。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

思わず笑っちゃうほど美しいです。噛むと筋繊維を1本1本味わえるかのような、すじや脂肪など、無駄なものがない故のお肉本来の深い味わいが感じられます。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

先ほどのモーリョと合わせて食べると、ビネガーの酸味と合わさり、さっぱりと食べられます。ちょっと待ってください・・・私はここで気づきました。まだ4種類目!?まだまだ出てくるじゃないですかー・・・!幸せホルモン大量放出中です。こんなに食べてもいいんですか!?いいんです!なぜなら食べ放題だから!5種類目は「日替わり牧草牛100%ハンバーグ」(※日替わりはおかわりできません)。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

キャー―――――――!!まさかのここに来てハンバーグ!!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

ご覧の通り、肉がこれでもかってくらいにギュッと詰まってます。衝撃の空気感ゼロ・・・!こんなにもギュギュっと100%牧草牛が凝縮した、雑味ゼロのハンバーグはここでしか食べたことがありませんよ・・・

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

記事を書いていたらもう一度食べに行きたくなってきました!!6種類目は「日替わりスペアリブ」(※日替わりはおかわりできません)。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

スペアリブとはあばら骨つきのお肉であります。店長さんおすすめの食べ方は、「骨を持ってがぶっとかじりつく」!女性の方も是非かじりついて堪能してください!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

臭みがほとんどなく、お肉がやわらかーい!!かじりつきが止まりません。最後の7種類目は「豚バラ」。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

バラとは胸の下部からお腹にかけてあばら骨を包む部分のお肉です。肉と脂肪が層になっているので、さらに濃厚な味わいです!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

これがわさび醤油ととっても合うんですよ・・・!一口噛むと外側の皮がパリッとして、噛むたびに豚バラの脂肪とお肉のジューシーな旨味が味わえます。豚バラなのに絶妙に脂が落ちていて、かつ脂の甘みも感じられる。これをわさび醤油のツーンとした辛味でしめる。最高かよ・・・!

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

店名どおり「糖質制限専門店」なんですが、どうしても炭水化物が食べたい欲張りさんは、パンも食べられます!

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

しかしこのパン・・・一味違うのです。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

もっちもち!!弾力がすごいです!これだけでも永遠に食べていたい。この秘密は材料にあります。グルテンを最小限に抑えたこちらのパンは、タピオカでんぷんの原料であるキャッサバとチーズをたーくさん使っています。さらに店長さんの愛情をたっぷりこめて練られて作られているそうです。しかも1個糖質8g!!!ロールパン1個でさえも糖質20gくらいなのここでも抑えられますね。しかしおいしすぎておかわりしたくなるのが難点・・・ですが、お肉を楽しみまくったら最後にデザートとして、焼きパイナップルが出てきます。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

このパイナップル、特に焼き目がついているところはなんだかスイートポテトのような味わいになるのです。酸味が飛んで甘味がますます増えていて、そしてさっぱり。しかもパイナップルにはタンパク質分解酵素も含まれているので、お肉との相性も抜群です。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

以上7種類のお肉が、日替わりのお肉以外は好きなだけ食べ放題なんです。お肉の厚さもリクエストに応えて薄く切ってくれるので、もう一度あのお肉すこーしだけ食べたいなぁというわがままなお願いも快く聞いてくれたり、また薄く切ることにより食感も変わるので、二度でも三度でも楽しめちゃうのです。ホットのマテ茶もおすすめですよ。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

南米では飲むサラダといわれているビタミンやミネラルが豊富なマテ茶。こちらはアルゼンチンでオーナーさんが直接仕入れてきたというマテ茶専用のコップだそうです!茶葉が直接入っていて、それをボンビージャと呼ばれる先端に茶こしがついたストローでまさに抽出したばかりのマテ茶の成分を直接飲めちゃうという本格的なマテ茶!どこまで健康にさせてくれるのでしょう・・・!ちなみに、店長さんのコンセプトは、「お腹120%になるまで返さない」。とのことですので、7種類のお肉を一通りいただいたあとも、もう三順いきますか?と、笑顔120%でめちゃくちゃお肉を薦められます。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

ここまでお腹いっぱいになるまで薦めてくるのには理由があります。「健康はお金では買えません。だからこそ日々口から入ってくる食べ物は一番大事です。ここでいかに最高のお肉を食べてもこの後に糖分たっぷりのデザートを食べたり、〆にラーメンなど食べてしまっては意味がありません。だからこそ、ここでお腹120%にして帰っていただく。そしてお肉パワーで、睡眠中に回復して明日のコンディションにつなげていただく」と店長さんは語ります。もう三順お願いします!

肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分

肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分のところにあります。

肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分

近くにある虎の門ヒルズを横目に1つ路地裏にはいったところにある、一際照明で照らされて明るいお店があります。そこがここ肉塊UNOです。

肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分
肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分

テーブル席とカウンター席があります。店内は清潔でとても綺麗。女子会にもおすすめです。

料理・雰囲気、全てが最高。至福の時間。

今回7種お肉のコースで、低温でじーーっくりと1時間位以上焼いたおいしすぎるお肉の数々をいただきました。しかもお腹120%になるまで。こんなに食べたのに赤身肉中心なので、翌日はコンディションもばっちりです(当社比)。これだけでも最高ですが、ここのお店のもう一つの特徴として、お店の方々が直接目の前でお肉を切ってくれること。店長さんを入れて3名のスタッフがいらっしゃるのですが、3人ともお客様との触れ合いを大事にしていて、一緒に楽しみを共有しようという感じが伝わります。なんだか3人の掛け合いも居心地がよく、関係性をお伺いしたところなんと、ご兄弟!長男がオーナーさん、次男が平社員(写真右)、三男が店長(写真真ん中)、四男ソムリエ(写真左)だそうです!

料理・雰囲気、全てが最高。至福の時間。

ここで得られるものはおいしい料理、カラダの健康だけじゃない。ココロまでリラックスできて心身ともに健康になれそうです。是非とも一度足を運んではいかがでしょうか。

店舗名 肉塊UNO
東京都港区西新橋2-15-17リッツ虎ノ門ビル1F

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

最初に訪れたのは、「カレーの店スマトラ 新橋本店」。1943年創業、神田に次ぐ“カレーどころ”新橋で、最も古いとされるカレー屋さんだ。いまは4代目店主・浅川和治さんがお店を切り盛りする。はじめは高級洋食店としてオープン。しかし、新橋で大火事があって全焼し、建て替えにあたって大衆カレー路線にスタイルを変えた。それが1973年。そこからメインのフードメニューは「スマトラカレー(550円)」のみになった。

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

注文するやいなや、10秒ほどで出てくるスマトラカレー。早すぎじゃないか?「狙ってるんです。早く出されてイヤな人はいないので」(店主・浅川さん、以下同)

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

ごはんとカレールーを左右に分けて盛りつけるのが一般的だが、ルーがごはん全体にかかった状態で登場。珍しい。30種類以上の香辛料やハーブを使い、香りが立ったカレー。ルーは小麦粉を使っておらず、あまり水っぽさがなくて、適度なざらつきがある。ごはんとルーが渾然一体になった感じだ。

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

スマトラは高度成長期に支店が増え、多いときで7店舗あった。コンビニやファーストフード店がない中、スピードを優先する当時のモーレツ社員【※1】たちに愛されたらしい。※1 家庭を顧みず、会社のためにバリバリ働く社員のこと。1970年ごろ、この呼称が流行した食べてみると、たしかにその理由にもうなずける。ルーをごはんにかける手間がいらず、辛すぎないから必要以上に水を飲むタイムロスもない。ただただ夢中でかき込めるカレー。いわば時間がない新橋のサラリーマンのスピードフードだ。1種類のカレーを自分流にアレンジできるお客さんは漬物やサイドメニューとの組み合わせで自分好みの味を作っていく。テーブルの上で目立っているのは、4種類の漬物。

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

インドネシアのスマトラ島では、いろいろなものとカレーを一緒に混ぜて食べる習慣がある(漬物ではないが、お惣菜と混ぜて食べる)。それをヒントに並べたのだとか。「紅しょうがは珍しいと思いますが、ウチのカレーには合うと思います。しその実漬けは、常連さんに好きな人が多いですね」生卵の落とし方ひとつ取っても、味が変わる。浅川さんのオススメは、ごはんの中央に穴を開けて、そこに生卵を落とし、「白身がかかった部分」と「黄身がかかった部分」を、食べ比べながら食い進む方法だ。

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

こんな感じで生卵を埋めるようにする。おいしさの秘密などはTwitterで発信している。「キャベツサラダをカレーの上にぶっかける食べ方もあって、それもウマいんですよ。いろいろ混ぜて、試行錯誤しながら一番好きな食べ方を模索しているお客さんもいますね」食材の確保に苦心することもごはんには固くて粘りが少ない「ひとめぼれ」を選ぶ。口に入れたときに、ぽろりさらりと口の中で溶ける食感がお気に入りだそう。ルーはジャガイモと香辛料のつぶつぶ感が舌に残る。ジャガイモは「キタアカリ」を使っている。材料費が高く、利益は出にくい。「キタアカリは甘味と深みが強いのが特徴。あとデカイでしょう? 大きいほうが熟してるし、味も濃いんですよ」

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

糖類は一切入れず、野菜本来の糖度でルーの甘さを出している。「同じ材料を使って同じように作っても、同じ味にはなりません。でも、それを調整しようって気はなくて、素材の味の違いを楽しんでもらうのがウチのスタイル。素材によっては『今日、飛び抜けてウマい!』って日もありますよ」だが、食材の確保に苦心することも。「台風が北海道に当たるようになったからか、築地市場でもジャガイモがないときがあるんですよ。カルビーがポテトチップスの生産調整するくらいジャガイモが少ない年はとくに厳しかった。アマゾンで農家さんが売っているものを買って切り抜けました。送料もかかって高かったけど、材料がなきゃ、店を閉めるしかないんで」

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

スマトラのカレーにしか興味がない浅川さんはコックとして30年以上働き、スマトラの経営を引き継いでから、もうすぐ10年になる。もともと社員としてスマトラを支えていた時代もあったが、3代目店主の父と反りが合わず退社。もう飲食には関わらないつもりで、営業マンに転職した。「でも、親父が高齢で引退したいって。後継者もいないし、当時は支店も全部なくなっていました。この味が消えてしまうのは悲しいと思って、『じゃあ俺がやるか』と。よそで食べられる味だったらやっていません。僕はこのカレーにしか興味はないので。だからこそ、4代目として継ごうと思ったんです」

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

最後に聞いてみた。浅川さんにとって、このお店とは?「カレーに対する思い入れをまっすぐつぎ込める場所。ウチのスタイルがよければ来ていただきたい、そうでなければ他の店へ……が僕のやり方なんで。カンタンに言えば、僕の城ですね」

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」
カレーの店スマトラ 新橋本店
東京都港区 新橋1-16-10 浅川ビル1

最後の“牛丼太郎”

最後の“牛丼太郎”

続いて向かったのは、「丼太郎(どんぶりたろう)茗荷谷店」。もともとは「牛丼太郎」の名前で、最盛期は15店を構えていたものの、当時の運営会社が資金繰りの悪化で倒産。現在は有志たちにより「丼太郎」として営業している。筆者も、今は閉店してしまった代々木店によく足を運んでいたので、今回の再訪は感慨深いものがある。

最後の“牛丼太郎”

丼太郎になってからの新しい運営会社「丸光」の社長にして、丼太郎店主の佐藤慶一さんにお話を伺った。「実は100店舗体制までの工場を作っていて、もっとお店を増やす計画はしていたんですよ。でも、BSE騒動【※2】をきっかけに暗転しました。あと値下げ競争に巻き込まれてしまい、ウチの牛丼の価格が200円まで下がって。それで資金的に厳しくなって、倒産までいきました」(店主・佐藤さん、以下同)※2 プリオン(たんぱく質の一種)の感染で脳障害を引き起こす病気、「BSE(牛海綿状脳症)」の牛への流行に端を発した騒動。牛から人への感染が懸念され、日本でも米国産牛肉の輸入が全面的に禁止されるなど、外食チェーンへの影響が大きかった。「安い・ウマい・多い」が炸裂する牛丼は味噌汁付きで290円、冷奴(100円)とキムチ(60円)を追加しても、たったの450円。まさしく僕ら貧乏人が泣いて喜ぶお店である。

最後の“牛丼太郎”
最後の“牛丼太郎”

「牛丼1杯290円では、全然もうかりません。ただ、知名度の低いウチとしては価格が一番の武器なので。そして、この味でこの量だったらと。安い価格設定なので、そんなに高級な肉や米は使えないんですけど、その中でもタレや煮方などを研究して、肉のうまみを最大限に活かしながら作っています」

最後の“牛丼太郎”

食べると、明らかに「290円」以上の肉質に感じる。そして牛丼3大チェーンを上回らんばかりの、この量!

最後の“牛丼太郎”

牛丼に次ぐ、2番人気のメニューが「納豆丼(220円)」である。納豆は専門店から直接仕入れ、大手チェーンのように冷凍ではなく生の納豆なので、よりおいしい。

最後の“牛丼太郎”

派生メニューに、筆者がかつて愛した「キムチ納豆丼(270円)」もある。納豆の香ばしさとキムチの辛旨さがミックスされた傑作で、牛丼太郎が近所になくなってからもその味が忘れられず、松屋でごはん+キムチ+納豆を注文してやり過ごすほどだ。

最後の“牛丼太郎”

やさしい大家さんに助けられた牛丼太郎時代の運営会社は、経営の悪化により家賃が払えず、テナントを貸す大家さんと次々トラブルになり、一店、また一店と閉店。しかし、復活を望む客からの声が多くあった。「そんな声をずっと聞いていたので。1店舗でもいいから、牛丼太郎を残したかったんです」そして新会社を立ち上げるも、テナントの契約が新規扱いになり、敷金・礼金を払い直す必要があるため、ほとんどの既存店は資金が足りず残せなかった。しかし、茗荷谷店は違う。「すごくいい大家さんで、『太郎さん、がんばってるから応援する』と家賃も値上げしないでくれて。敷金・礼金もそのままでいいからって。『大丈夫、がんばって』と」その大家さんがいなかったら、もう、(牛)丼太郎はなかったかもしれない。

最後の“牛丼太郎”

(牛)丼太郎は「私の人生そのもの」牛丼太郎各店の閉店日は告知せず、最終日もひっそり閉めるはずだった。常連さんには伝えていたので、どこかで情報が漏れたのだろう。閉店日を知り駆けつけた人も多かったという。「とくに、代々木店の最終日はスゴかったですね。そのときは告知もしていたので、お客さんが殺到して食材がなくなるぐらいでした。そんな店なのに閉店する理由は、大家さんから家賃を値上げすると言われて。ウチはその金額をなかなか払えませんから……」

最後の“牛丼太郎”
最後の“牛丼太郎”

前より客は倍近く増えている。それぞれのお店で食べていた常連が集まり、数々のメディアで紹介されて遠方からの客も増えた。「丼太郎になったときには、また前あった場所に何店舗も出店できればと思っていました。ただ、いまはこの茗荷谷で1店舗ながらがんばって、地域の人たちに愛されるお店になりたいと思ってます。みんな年を取ってきましたけど、続けられる限りはやろうって」(牛)丼太郎とは佐藤さんにとってどんな存在か。「もう、私の人生そのもの……な感じですね。大学生時代のアルバイトからはじまって、もう30年以上います。家にいるよりも、店もいるほうが長い。毎日味見をしますから、誰よりも牛丼を食べていると思います」

最後の“牛丼太郎”

ちなみに、2017年に銀座に本家とはまったく関係がない「牛丼太郎」という名前の店がオープンし、ネット上で“ニセ牛丼太郎”騒動が起こった。ん?銀座に牛丼太郎あるの?何故か吉野家っぽいデザインで、24時間営業なのに閉まってるし、謎だ。 pic.twitter.com/ZI28WmYU1X現在この店は閉店している。佐藤さんはお客さんから聞いて存在は知ってはいたものの、閉店したのは知らなかったという。「別にイヤともなんとも思ってませんでした。がんばってほしいなと。でも、お店を続けるのは難しいからね……」

丼太郎
東京都文京区小日向4-5-9

2000人が並んだ味。後楽そば

最後は1972年創業の「後楽そば」へ。鉄板で作るやきそばが自慢の立ち食いそばチェーンだ。

2000人が並んだ味。後楽そば

別業態のグループ店舗はあるものの、同じ業態は歌舞伎町店や吉祥寺店がなくなり、最後に残された有楽町店も惜しまれつつ、2016年5月に閉店した。

2000人が並んだ味。後楽そば

後楽そばの歴史はそこで一旦途絶えたが、2018年3月に有楽町店の移転先として復活し、止まった時計を動かしたのが、この五反田店だ。店長の夏目さんにお話を伺った。「有楽町店は、東京オリンピックに向けた耐震工事の影響で、立ち退きになったんです。2年ぐらい間が空いたのは、なかなかお店をやるところが見つからなくて。ウチみたいなところは駅近で、駅でも人数が多いところじゃないと」(店長・夏目さん、以下同)名物メニューは、夏目さんもオススメのやきそば(並400円)。自家製の太麺に、岡山で作られた「サラッとしたソース」と「ドロッとしたお好みソース」の2種類を混ぜて使っている。器は有楽町店で使っていたものと同じだ。

2000人が並んだ味。後楽そば
2000人が並んだ味。後楽そば

ただ「わかりやすいソース味一辺倒」ではなく、もう一つ別の香ばしさを感じる。2種類のソースが、このむしゃぶりつきたくなるような味を出しているに違いない。

2000人が並んだ味。後楽そば

そして、生たまご(70円)との相性が非常によい。卵かけごはんのごとく、とにかく無性にすすって食いたくなるような味だ。店員さんに頼むと出てくる激辛ソースやセルフサービスの長ネギを乗せると、さらにそのヤミツキ度は増す。トッピングや付け合わせで、さらに輝きを増すやきそばである。

2000人が並んだ味。後楽そば
2000人が並んだ味。後楽そば

そばの量は標準の2割増し

2000人が並んだ味。後楽そば
2000人が並んだ味。後楽そば

そばは、有楽町時代より麺の量を増やして、通常の2割増し。「一杯で満足してもらう」ためだ。ちょっと珍しい「とろろ昆布そば(400円)」は昔からあったメニューで、少なくとも夏目さんが入る20年ほど前からあった。ちなみに、アナウンサーの高橋真麻さんも常連とのことで、テレビで絶賛している。

2000人が並んだ味。後楽そば
2000人が並んだ味。後楽そば
2000人が並んだ味。後楽そば

ごはんものやセットメニュー、やきそばのトッピングを頼んだ人には、そばつゆがスープ代わりに付いてくるのもうれしい。しかも、若干薄めていて、飲みやすくなっている。五反田の街で根付きたい「有楽町店がなくなる日は、たしか2000人ぐらいお客さんがいらっしゃいました。すごい行列の中でもお客さんがずっとやきそばを待ってくれて。いまでも有楽町時代のお客さんが『懐かしいね』『変わってないね』って来てくれるのがうれしいですね」そんな夏目さんは、「有楽町に戻れれば、一番いいと思いますが」と前置きしながらも、こう語る。「いまは五反田でがんばっていきたいなと。駅近にしては、人通りが少ない道沿いにあるので、まだまだ知らないお客さんもいると思います。定着するにはこれからです」

2000人が並んだ味。後楽そば
2000人が並んだ味。後楽そば
後楽そば 五反田店
東京都品川区東五反田1-26-6

おわりに

「最後の一軒」を巡る旅は、これにて終了。3店へ足を運んで、お店の方に話を聞いて思ったこと。それは、「みんな地に足が着いている」。人生経験を経て、スマートな頭と確かな腕を持ち、それでも人生で目標を失っていない人たち。僕らがいつかなりたいと思っていた「大人」の姿がそこにはあった。そんな大人たちが今日もお客さんたちを迎えている。また、「最後の一軒」へ出かけたくなった。

おわりに

新橋駅前ビルにやってきました。ビフキチは都内に5店舗、横浜に2店舗ありますが、このビルの雰囲気が好きなので今日は新橋店を選びました。地下一階にビフキチがあります。

おわりに

「飲ん兵衛のオアシスにようこそ」といわんばかりの貼り紙。サラリーマンの聖地です。

おわりに

ビーフキッチンスタンド新橋店です。いやー良いたたずまい。外国の街角を歩いていてぽっと現れるバルのようでわくわくします。新橋だし屋内だけど。

おわりに

社長の松本さん。お父様が寿司職人だったこともあり、もとは和食の世界で長く腕をふるっていたそうです。今やビフキチ7店舗のほか、もつ鍋店やうなぎ店、寿司店などの和食店も取りまとめる青年実業家。これから松本さんの話を聞きながら料理を楽しむのですが、ビフキチのおつまみたちにも、けして妥協をしない “和食の心” が見え隠れしていることに気づかされるのであります。

おわりに

ドリンクメニューで気になったのはハイボールの種類の多さ。一番下の「ニセボール」とは、ノンアルコールのハイボール。そんなのはじめて聞いたよ。ほそい「一体なんなんですかこれは」松本さん「正体を明かすと、烏龍茶のソーダ割りです!」

おわりに

まさかのシンプルレシピ。配合は企業秘密だけど、本当に烏龍茶と炭酸水のみだそうです。飲んでみると、あれ、これハイボールじゃないの? とちょっと脳が騙される感じ。かなり強炭酸なのがノンアルコールだと思わせないのだろうか。このジョッキの力もあるのだろう。ハイボールだよと出されたら普通に酔っぱらってきそうだ。ノンアルビールのような甘さがなくすっきりしていて、強炭酸の飲みごたえがあるから満足感もある。これからノンアルはこれにしたいくらい。頭が冴えそうで仕事中にも積極的に飲みたい飲み物だ。松本さん「もう飲めないのに『もっと飲め』とかいわれた時に便利ですよ。注文の時『ハイボール、(小声で)ニセで』って言ってください」ちなみに日本唐揚協会の会長(松本氏のご友人)が好きでよく飲んでいるらしいです。

おわりに

イエーガーマイスターがあるのも珍しい。イエーガーのサーバー、はじめて見た。

おわりに

ショット、コーラ、オレンジ、ジンジャーが選べて、イエーガーは試験管に入れられて来ます。コーラ割りは飲みやすくお気に入りです。

フードの安さはやっぱりすごい

フードの安さはやっぱりすごい

可愛いメニュー表は、値段も可愛い。そう、ビフキチの最大の魅力はおつまみのコスパなのですが……さすがに100〜380円てどーゆーこと? って思いますよね。一人盛りなので量は少なめだけど、飲ん兵衛にはおあつらえ向き。色々食べられるのって嬉しいもん。松本さん「たまにステーキハウスのような食堂と勘違いされることがあって、ステーキが小さいなどのクレームを受けたりするんですが、あくまでも飲み屋なんで。うちは立ち飲みからスタートして、今でも立ち飲み屋感覚でやってます。だから全部お酒のアテサイズでこの値段なんです」ステーキが看板メニューだとそういう勘違いをするお客さんもいるのだろうな。食事にしたい場合はステーキ2皿とライス(199円)を頼めば解決だ。

フードの安さはやっぱりすごい

「枝豆の浅漬け」(150円)。ピクルスです。定番の枝豆にもひと工夫ある店ってたまにあるけど、漬け物ははじめてかも。お酒のアテにぴったり。手で漬け物を食べるというのも面白い。

フードの安さはやっぱりすごい

「こぼれるフライドポテト」。130円って、某ファーストフード店のSサイズより安いし。松本さん「うちはなんでもこぼしたがるんです」絵的にもこだわるのがモットーとのこと。揚げたてあつあつでおいしい! 席についたらとりあえずコレ的な一品です。

290円とあなどるなかれ、ビフテキのおいしさに感動

290円とあなどるなかれ、ビフテキのおいしさに感動

待ってました、「名物ビフテキ(50g)」。50グラムって思ったより大きいな(実は50グラムではなくちょっとだけ多くしてるそうです。なにその隠しサービス)。鉄板の上でジュワーーと音を立ててテーブルに置かれると、本当にこれが290円なの? と疑ってしまう。松本さん「味はもちろんですが、ビジュアルと音、シズル感は大切にしてます。ジューっていってないやつは出したくないです」見た目だけでなく音も意識しているとは。和食出身の料理人だからこそ味以外にもこだわりを見せるのも納得というものか。

290円とあなどるなかれ、ビフテキのおいしさに感動

外側こんがり、中はレア。肉汁が流れ出ない焼き方だ。これ、お酒を1~2杯飲む量として十分です。ステーキ1皿をシェアしなくても、気軽に一人1皿(2皿でもいい)頼めるって嬉しい! ステーキなのにな!

290円とあなどるなかれ、ビフテキのおいしさに感動

幸せの縮図、肉と酒(ニセボールだけど)……食べてみると、一般的なステーキ店の肉に全然負けてない。むしろおいしい。ちゃんとしたステーキ肉の濃い〜味です。旨味もジューシーさもちゃんとあるよ!松本さん「仕入れにもこだわった肉ですから」食に妥協しない社長の自信が伝わってくる味。290円でここまでおいしいとは正直思ってなかったので衝撃でした。

290円とあなどるなかれ、ビフテキのおいしさに感動

松本さん「うちのオリジナルソースもかなり濃い〜つくりになってますよ」テーブルにはお醤油や岩塩など、肉を美味しく食べるための調味料が揃っていました。おすすめはオリジナルソース。左がにんにくで、右が玉ねぎ。にんにくは、にんにく丸潰し感がすごい。これつまみにお酒飲める系です。玉ねぎは玉ねぎ特有の甘さが際立っています。ステーキは甘口たれ派はこちらがおすすめ。

牛ハツのレアローストの破壊力

牛ハツのレアローストの破壊力

「牛ハツのレアロースト」。これも290円とは思えぬクオリティでした。牛のハツってこうやってちゃんと食べると高級感すごいんですね。岩塩をかけて食べてみました。コリコリした歯ごたえとクセのない肉肉しさ。牛一頭からわずかしか取れない、ある意味希少部位であります。赤ワインがほしくなる。

牛ハツのレアローストの破壊力

「馬刺しのカルパッチョ」(380円)。馬刺しは好きだけどカルパッチョははじめて食べました。馬は生でも安全だし、これ流行ってほしい。

牛ハツのレアローストの破壊力

アヒージョは4種類あって、全部199円。牡蠣のアヒージョにしてみました。小ぶりな牡蠣が5つ入ってこの値段とはやるな……。アヒージョは流行のせいかどこでもちょっと良いお値段するので嬉しすぎる。オイルは塩気がきいているのでバゲットをつけるのもよし。これはお酒をおかわりしたくなる。

牛ハツのレアローストの破壊力

こぼしスパークリング。こぼし、こぼれの付くメニューが多い。本当になんでもこぼすのか。シャンパンを目の前でこんなにこぼされるの幸せ。お誕生日でもないのに……

牛ハツのレアローストの破壊力

「人気の煮込み」(199円)はトマトベース。モツと根菜が柔らかく煮込まれていてほっとする味です。煮込みはこぼされていなくて安心しました。

牛ハツのレアローストの破壊力

「カニクリームコロッケ」(150円)。普段は好んで食べないものだけど何となく選んでみた。ちょっと気になるなーくらいのメニューも我慢せず頼めちゃうところがビフキチのいいところ。

牛ハツのレアローストの破壊力

あつあつのとろとろ〜〜、シャンパンに合う!カニの風味がたまらないです。カニクリームコロッケをちびちび舐めつつお酒を飲むの結構いいじゃんという発見をしました。

牛ハツのレアローストの破壊力

「ピザっぽいパン」(199円)。ほんとにピザっぽいパンが来た。アヒージョのオイルを垂らすと余計おいしい。

牛ハツのレアローストの破壊力

「セロリアイス」(290円)。メニューにアイスはこれ一つだけど、バニラでもフルーツ系でもなくセロリを持ってくるってどうゆうことだ。以前からメニューを見て気になってたのだが、果てして本当にセロリ味なのか? と疑いつつ食べてみると、結構セロリ度高い。聞けば、セロリの苦手な人でも食べられるライン、かつセロリ好きの人が物足りなさを感じないラインのセロリ感を意識したそうです。私はセロリが好きなんですが、セロリその物(野菜スティックとか)ではない “セロリ味の料理” って少ないんですよね。こんな爽やかなデザートになれるなんてセロリを見直しました。これは高レベルの珍味アイスだと思います。

牛ハツのレアローストの破壊力

以上、ビーフキッチンスタンドでした。噂通りの満足度の高さだった……。正直、お店に行く前はあまりの安さにクオリティに関しては期待してなかったのですが、安くても手を抜かないというのは体験してみてわかったことでした。それにしてもおいしかったな。「次は何にしよう」と、可愛いメニュー表を眺めてるだけで楽しくなるお店でした!

BEEF KITCHEN STAND(ビーフキッチンスタンド)
東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館B1

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

僕はチェーン店が好きだ。その中でも「残り1店だけになったチェーン店」には、特別な想いを持つ。いつも楽しませてくれたお店たちの、最後の砦。僕はそんな「最後の一軒」を巡る旅に出た。

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

こんにちは、ほそいあやです。イケてるお店大好きなみんなのごはん読者の皆さんなら「ビーフキッチンスタンド」をご存知のかたも多いと思います。ビフテキ290円というインパクトで世のせんべろ民を片っ端から魅了する恐ろしい店です。もうすっかり有名だけど、ここは一度行っておかねばなるまい。ということでビーフキッチンスタンド(以下ビフキチ)で豪遊してきました。

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

ほそいあや
ほそいあや

ほそいあや「猫を愛でることと虫を食べることが趣味」ブログ:http://seiten4go.com/Twitter:https://twitter.com/hosoi/

閉じる

口の中でビーフンが踊る…!新橋「ビーフン東」のビーフンはプリッともちっと食感でやっぱり別格だった

肉好きにとっては天国「肉塊UNO」。今日は美味しい赤身肉のお店を紹介します。牧草飼育牛が3,500円で食べ放題という夢のお店「肉塊UNO」にさっそく行ってきたので、ご覧下さい!


好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

まず1種類目、「イチボ」が目の前にドーンと置かれます。イチボとは、牛のおしりの先の部分で一頭からごくわずかしかとれない貴重な部位です。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

このお肉の赤々しい色!肉感!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

笑顔120%の店長さんが目の前で切ってくださいます。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

この希少価値の高いイチボが1種類目にいきなり出てくるとは・・・弾力のある噛みごたえ。肉の甘さと旨味が凝縮しています。味付けなんてなにもいらない・・・なんて気になるのですが「お肉にお好みでお付けください」と、岩塩やブラックペッパー、わさび醤油と、ブラジル料理のシュラスコではおなじみ、野菜ビネガーソースのモーリョがテーブルに置かれます。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

このモーリョはこのまま食べても美味しいですが、お肉と一緒に食べると。お口の中が野菜の甘みと爽やかなビネガーでさっぱりするんです。2種類目・3種類目は「リングイッサ」と「鶏のもも肉」。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

リングイッサとは、元はポルトガル風のソーセージだそうですが、今ではブラジルのシュラスコの方が有名ですね。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

ブラックペッパーの味がしっかりと効いていて、ピリッと辛めなリングイッサ。ゴストーゾ!(ポルトガル語で「おいしい」)

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

鶏のもも肉。噛んだ瞬間に鶏肉の旨味がカプセルが弾けたかのように口いっぱいに広がるんですね。グリルをしただけなのに、なぜこんなにも旨味がでるのだろうか。味覚壊れたのかな?と自分を疑いたくなります。4種類目は、「ランプ肉」です!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

この迫力!!!!!!!!!腰からおしりにかけての、すじがなくきめ細やかな部位!!!脂肪が少ない赤身肉がランプです。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

思わず笑っちゃうほど美しいです。噛むと筋繊維を1本1本味わえるかのような、すじや脂肪など、無駄なものがない故のお肉本来の深い味わいが感じられます。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

先ほどのモーリョと合わせて食べると、ビネガーの酸味と合わさり、さっぱりと食べられます。ちょっと待ってください・・・私はここで気づきました。まだ4種類目!?まだまだ出てくるじゃないですかー・・・!幸せホルモン大量放出中です。こんなに食べてもいいんですか!?いいんです!なぜなら食べ放題だから!5種類目は「日替わり牧草牛100%ハンバーグ」(※日替わりはおかわりできません)。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

キャー―――――――!!まさかのここに来てハンバーグ!!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

ご覧の通り、肉がこれでもかってくらいにギュッと詰まってます。衝撃の空気感ゼロ・・・!こんなにもギュギュっと100%牧草牛が凝縮した、雑味ゼロのハンバーグはここでしか食べたことがありませんよ・・・

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

記事を書いていたらもう一度食べに行きたくなってきました!!6種類目は「日替わりスペアリブ」(※日替わりはおかわりできません)。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

スペアリブとはあばら骨つきのお肉であります。店長さんおすすめの食べ方は、「骨を持ってがぶっとかじりつく」!女性の方も是非かじりついて堪能してください!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

臭みがほとんどなく、お肉がやわらかーい!!かじりつきが止まりません。最後の7種類目は「豚バラ」。

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

バラとは胸の下部からお腹にかけてあばら骨を包む部分のお肉です。肉と脂肪が層になっているので、さらに濃厚な味わいです!

好きなお肉を好きなだけ!7種お肉のコースが税抜き3,500円

これがわさび醤油ととっても合うんですよ・・・!一口噛むと外側の皮がパリッとして、噛むたびに豚バラの脂肪とお肉のジューシーな旨味が味わえます。豚バラなのに絶妙に脂が落ちていて、かつ脂の甘みも感じられる。これをわさび醤油のツーンとした辛味でしめる。最高かよ・・・!

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

店名どおり「糖質制限専門店」なんですが、どうしても炭水化物が食べたい欲張りさんは、パンも食べられます!

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

しかしこのパン・・・一味違うのです。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

もっちもち!!弾力がすごいです!これだけでも永遠に食べていたい。この秘密は材料にあります。グルテンを最小限に抑えたこちらのパンは、タピオカでんぷんの原料であるキャッサバとチーズをたーくさん使っています。さらに店長さんの愛情をたっぷりこめて練られて作られているそうです。しかも1個糖質8g!!!ロールパン1個でさえも糖質20gくらいなのここでも抑えられますね。しかしおいしすぎておかわりしたくなるのが難点・・・ですが、お肉を楽しみまくったら最後にデザートとして、焼きパイナップルが出てきます。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

このパイナップル、特に焼き目がついているところはなんだかスイートポテトのような味わいになるのです。酸味が飛んで甘味がますます増えていて、そしてさっぱり。しかもパイナップルにはタンパク質分解酵素も含まれているので、お肉との相性も抜群です。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

以上7種類のお肉が、日替わりのお肉以外は好きなだけ食べ放題なんです。お肉の厚さもリクエストに応えて薄く切ってくれるので、もう一度あのお肉すこーしだけ食べたいなぁというわがままなお願いも快く聞いてくれたり、また薄く切ることにより食感も変わるので、二度でも三度でも楽しめちゃうのです。ホットのマテ茶もおすすめですよ。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

南米では飲むサラダといわれているビタミンやミネラルが豊富なマテ茶。こちらはアルゼンチンでオーナーさんが直接仕入れてきたというマテ茶専用のコップだそうです!茶葉が直接入っていて、それをボンビージャと呼ばれる先端に茶こしがついたストローでまさに抽出したばかりのマテ茶の成分を直接飲めちゃうという本格的なマテ茶!どこまで健康にさせてくれるのでしょう・・・!ちなみに、店長さんのコンセプトは、「お腹120%になるまで返さない」。とのことですので、7種類のお肉を一通りいただいたあとも、もう三順いきますか?と、笑顔120%でめちゃくちゃお肉を薦められます。

ちょっとは炭水化物も食べたい気もしてきた・・・

ここまでお腹いっぱいになるまで薦めてくるのには理由があります。「健康はお金では買えません。だからこそ日々口から入ってくる食べ物は一番大事です。ここでいかに最高のお肉を食べてもこの後に糖分たっぷりのデザートを食べたり、〆にラーメンなど食べてしまっては意味がありません。だからこそ、ここでお腹120%にして帰っていただく。そしてお肉パワーで、睡眠中に回復して明日のコンディションにつなげていただく」と店長さんは語ります。もう三順お願いします!

肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分

肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分のところにあります。

肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分

近くにある虎の門ヒルズを横目に1つ路地裏にはいったところにある、一際照明で照らされて明るいお店があります。そこがここ肉塊UNOです。

肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分
肉塊UNOは虎の門駅から徒歩5分

テーブル席とカウンター席があります。店内は清潔でとても綺麗。女子会にもおすすめです。

料理・雰囲気、全てが最高。至福の時間。

今回7種お肉のコースで、低温でじーーっくりと1時間位以上焼いたおいしすぎるお肉の数々をいただきました。しかもお腹120%になるまで。こんなに食べたのに赤身肉中心なので、翌日はコンディションもばっちりです(当社比)。これだけでも最高ですが、ここのお店のもう一つの特徴として、お店の方々が直接目の前でお肉を切ってくれること。店長さんを入れて3名のスタッフがいらっしゃるのですが、3人ともお客様との触れ合いを大事にしていて、一緒に楽しみを共有しようという感じが伝わります。なんだか3人の掛け合いも居心地がよく、関係性をお伺いしたところなんと、ご兄弟!長男がオーナーさん、次男が平社員(写真右)、三男が店長(写真真ん中)、四男ソムリエ(写真左)だそうです!

料理・雰囲気、全てが最高。至福の時間。

ここで得られるものはおいしい料理、カラダの健康だけじゃない。ココロまでリラックスできて心身ともに健康になれそうです。是非とも一度足を運んではいかがでしょうか。

店舗名 肉塊UNO
東京都港区西新橋2-15-17リッツ虎ノ門ビル1F

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

最初に訪れたのは、「カレーの店スマトラ 新橋本店」。1943年創業、神田に次ぐ“カレーどころ”新橋で、最も古いとされるカレー屋さんだ。いまは4代目店主・浅川和治さんがお店を切り盛りする。はじめは高級洋食店としてオープン。しかし、新橋で大火事があって全焼し、建て替えにあたって大衆カレー路線にスタイルを変えた。それが1973年。そこからメインのフードメニューは「スマトラカレー(550円)」のみになった。

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

注文するやいなや、10秒ほどで出てくるスマトラカレー。早すぎじゃないか?「狙ってるんです。早く出されてイヤな人はいないので」(店主・浅川さん、以下同)

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

ごはんとカレールーを左右に分けて盛りつけるのが一般的だが、ルーがごはん全体にかかった状態で登場。珍しい。30種類以上の香辛料やハーブを使い、香りが立ったカレー。ルーは小麦粉を使っておらず、あまり水っぽさがなくて、適度なざらつきがある。ごはんとルーが渾然一体になった感じだ。

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

スマトラは高度成長期に支店が増え、多いときで7店舗あった。コンビニやファーストフード店がない中、スピードを優先する当時のモーレツ社員【※1】たちに愛されたらしい。※1 家庭を顧みず、会社のためにバリバリ働く社員のこと。1970年ごろ、この呼称が流行した食べてみると、たしかにその理由にもうなずける。ルーをごはんにかける手間がいらず、辛すぎないから必要以上に水を飲むタイムロスもない。ただただ夢中でかき込めるカレー。いわば時間がない新橋のサラリーマンのスピードフードだ。1種類のカレーを自分流にアレンジできるお客さんは漬物やサイドメニューとの組み合わせで自分好みの味を作っていく。テーブルの上で目立っているのは、4種類の漬物。

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

インドネシアのスマトラ島では、いろいろなものとカレーを一緒に混ぜて食べる習慣がある(漬物ではないが、お惣菜と混ぜて食べる)。それをヒントに並べたのだとか。「紅しょうがは珍しいと思いますが、ウチのカレーには合うと思います。しその実漬けは、常連さんに好きな人が多いですね」生卵の落とし方ひとつ取っても、味が変わる。浅川さんのオススメは、ごはんの中央に穴を開けて、そこに生卵を落とし、「白身がかかった部分」と「黄身がかかった部分」を、食べ比べながら食い進む方法だ。

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

こんな感じで生卵を埋めるようにする。おいしさの秘密などはTwitterで発信している。「キャベツサラダをカレーの上にぶっかける食べ方もあって、それもウマいんですよ。いろいろ混ぜて、試行錯誤しながら一番好きな食べ方を模索しているお客さんもいますね」食材の確保に苦心することもごはんには固くて粘りが少ない「ひとめぼれ」を選ぶ。口に入れたときに、ぽろりさらりと口の中で溶ける食感がお気に入りだそう。ルーはジャガイモと香辛料のつぶつぶ感が舌に残る。ジャガイモは「キタアカリ」を使っている。材料費が高く、利益は出にくい。「キタアカリは甘味と深みが強いのが特徴。あとデカイでしょう? 大きいほうが熟してるし、味も濃いんですよ」

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

糖類は一切入れず、野菜本来の糖度でルーの甘さを出している。「同じ材料を使って同じように作っても、同じ味にはなりません。でも、それを調整しようって気はなくて、素材の味の違いを楽しんでもらうのがウチのスタイル。素材によっては『今日、飛び抜けてウマい!』って日もありますよ」だが、食材の確保に苦心することも。「台風が北海道に当たるようになったからか、築地市場でもジャガイモがないときがあるんですよ。カルビーがポテトチップスの生産調整するくらいジャガイモが少ない年はとくに厳しかった。アマゾンで農家さんが売っているものを買って切り抜けました。送料もかかって高かったけど、材料がなきゃ、店を閉めるしかないんで」

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

スマトラのカレーにしか興味がない浅川さんはコックとして30年以上働き、スマトラの経営を引き継いでから、もうすぐ10年になる。もともと社員としてスマトラを支えていた時代もあったが、3代目店主の父と反りが合わず退社。もう飲食には関わらないつもりで、営業マンに転職した。「でも、親父が高齢で引退したいって。後継者もいないし、当時は支店も全部なくなっていました。この味が消えてしまうのは悲しいと思って、『じゃあ俺がやるか』と。よそで食べられる味だったらやっていません。僕はこのカレーにしか興味はないので。だからこそ、4代目として継ごうと思ったんです」

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」

最後に聞いてみた。浅川さんにとって、このお店とは?「カレーに対する思い入れをまっすぐつぎ込める場所。ウチのスタイルがよければ来ていただきたい、そうでなければ他の店へ……が僕のやり方なんで。カンタンに言えば、僕の城ですね」

75年の歴史、10秒で出てくる「スマトラカレー」
カレーの店スマトラ 新橋本店
東京都港区 新橋1-16-10 浅川ビル1

最後の“牛丼太郎”

最後の“牛丼太郎”

続いて向かったのは、「丼太郎(どんぶりたろう)茗荷谷店」。もともとは「牛丼太郎」の名前で、最盛期は15店を構えていたものの、当時の運営会社が資金繰りの悪化で倒産。現在は有志たちにより「丼太郎」として営業している。筆者も、今は閉店してしまった代々木店によく足を運んでいたので、今回の再訪は感慨深いものがある。

最後の“牛丼太郎”

丼太郎になってからの新しい運営会社「丸光」の社長にして、丼太郎店主の佐藤慶一さんにお話を伺った。「実は100店舗体制までの工場を作っていて、もっとお店を増やす計画はしていたんですよ。でも、BSE騒動【※2】をきっかけに暗転しました。あと値下げ競争に巻き込まれてしまい、ウチの牛丼の価格が200円まで下がって。それで資金的に厳しくなって、倒産までいきました」(店主・佐藤さん、以下同)※2 プリオン(たんぱく質の一種)の感染で脳障害を引き起こす病気、「BSE(牛海綿状脳症)」の牛への流行に端を発した騒動。牛から人への感染が懸念され、日本でも米国産牛肉の輸入が全面的に禁止されるなど、外食チェーンへの影響が大きかった。「安い・ウマい・多い」が炸裂する牛丼は味噌汁付きで290円、冷奴(100円)とキムチ(60円)を追加しても、たったの450円。まさしく僕ら貧乏人が泣いて喜ぶお店である。

最後の“牛丼太郎”
最後の“牛丼太郎”

「牛丼1杯290円では、全然もうかりません。ただ、知名度の低いウチとしては価格が一番の武器なので。そして、この味でこの量だったらと。安い価格設定なので、そんなに高級な肉や米は使えないんですけど、その中でもタレや煮方などを研究して、肉のうまみを最大限に活かしながら作っています」

最後の“牛丼太郎”

食べると、明らかに「290円」以上の肉質に感じる。そして牛丼3大チェーンを上回らんばかりの、この量!

最後の“牛丼太郎”

牛丼に次ぐ、2番人気のメニューが「納豆丼(220円)」である。納豆は専門店から直接仕入れ、大手チェーンのように冷凍ではなく生の納豆なので、よりおいしい。

最後の“牛丼太郎”

派生メニューに、筆者がかつて愛した「キムチ納豆丼(270円)」もある。納豆の香ばしさとキムチの辛旨さがミックスされた傑作で、牛丼太郎が近所になくなってからもその味が忘れられず、松屋でごはん+キムチ+納豆を注文してやり過ごすほどだ。

最後の“牛丼太郎”

やさしい大家さんに助けられた牛丼太郎時代の運営会社は、経営の悪化により家賃が払えず、テナントを貸す大家さんと次々トラブルになり、一店、また一店と閉店。しかし、復活を望む客からの声が多くあった。「そんな声をずっと聞いていたので。1店舗でもいいから、牛丼太郎を残したかったんです」そして新会社を立ち上げるも、テナントの契約が新規扱いになり、敷金・礼金を払い直す必要があるため、ほとんどの既存店は資金が足りず残せなかった。しかし、茗荷谷店は違う。「すごくいい大家さんで、『太郎さん、がんばってるから応援する』と家賃も値上げしないでくれて。敷金・礼金もそのままでいいからって。『大丈夫、がんばって』と」その大家さんがいなかったら、もう、(牛)丼太郎はなかったかもしれない。

最後の“牛丼太郎”

(牛)丼太郎は「私の人生そのもの」牛丼太郎各店の閉店日は告知せず、最終日もひっそり閉めるはずだった。常連さんには伝えていたので、どこかで情報が漏れたのだろう。閉店日を知り駆けつけた人も多かったという。「とくに、代々木店の最終日はスゴかったですね。そのときは告知もしていたので、お客さんが殺到して食材がなくなるぐらいでした。そんな店なのに閉店する理由は、大家さんから家賃を値上げすると言われて。ウチはその金額をなかなか払えませんから……」

最後の“牛丼太郎”
最後の“牛丼太郎”

前より客は倍近く増えている。それぞれのお店で食べていた常連が集まり、数々のメディアで紹介されて遠方からの客も増えた。「丼太郎になったときには、また前あった場所に何店舗も出店できればと思っていました。ただ、いまはこの茗荷谷で1店舗ながらがんばって、地域の人たちに愛されるお店になりたいと思ってます。みんな年を取ってきましたけど、続けられる限りはやろうって」(牛)丼太郎とは佐藤さんにとってどんな存在か。「もう、私の人生そのもの……な感じですね。大学生時代のアルバイトからはじまって、もう30年以上います。家にいるよりも、店もいるほうが長い。毎日味見をしますから、誰よりも牛丼を食べていると思います」

最後の“牛丼太郎”

ちなみに、2017年に銀座に本家とはまったく関係がない「牛丼太郎」という名前の店がオープンし、ネット上で“ニセ牛丼太郎”騒動が起こった。ん?銀座に牛丼太郎あるの?何故か吉野家っぽいデザインで、24時間営業なのに閉まってるし、謎だ。 pic.twitter.com/ZI28WmYU1X現在この店は閉店している。佐藤さんはお客さんから聞いて存在は知ってはいたものの、閉店したのは知らなかったという。「別にイヤともなんとも思ってませんでした。がんばってほしいなと。でも、お店を続けるのは難しいからね……」

丼太郎
東京都文京区小日向4-5-9

2000人が並んだ味。後楽そば

最後は1972年創業の「後楽そば」へ。鉄板で作るやきそばが自慢の立ち食いそばチェーンだ。

2000人が並んだ味。後楽そば

別業態のグループ店舗はあるものの、同じ業態は歌舞伎町店や吉祥寺店がなくなり、最後に残された有楽町店も惜しまれつつ、2016年5月に閉店した。

2000人が並んだ味。後楽そば

後楽そばの歴史はそこで一旦途絶えたが、2018年3月に有楽町店の移転先として復活し、止まった時計を動かしたのが、この五反田店だ。店長の夏目さんにお話を伺った。「有楽町店は、東京オリンピックに向けた耐震工事の影響で、立ち退きになったんです。2年ぐらい間が空いたのは、なかなかお店をやるところが見つからなくて。ウチみたいなところは駅近で、駅でも人数が多いところじゃないと」(店長・夏目さん、以下同)名物メニューは、夏目さんもオススメのやきそば(並400円)。自家製の太麺に、岡山で作られた「サラッとしたソース」と「ドロッとしたお好みソース」の2種類を混ぜて使っている。器は有楽町店で使っていたものと同じだ。

2000人が並んだ味。後楽そば
2000人が並んだ味。後楽そば

ただ「わかりやすいソース味一辺倒」ではなく、もう一つ別の香ばしさを感じる。2種類のソースが、このむしゃぶりつきたくなるような味を出しているに違いない。

2000人が並んだ味。後楽そば

そして、生たまご(70円)との相性が非常によい。卵かけごはんのごとく、とにかく無性にすすって食いたくなるような味だ。店員さんに頼むと出てくる激辛ソースやセルフサービスの長ネギを乗せると、さらにそのヤミツキ度は増す。トッピングや付け合わせで、さらに輝きを増すやきそばである。

2000人が並んだ味。後楽そば
2000人が並んだ味。後楽そば

そばの量は標準の2割増し

2000人が並んだ味。後楽そば
2000人が並んだ味。後楽そば

そばは、有楽町時代より麺の量を増やして、通常の2割増し。「一杯で満足してもらう」ためだ。ちょっと珍しい「とろろ昆布そば(400円)」は昔からあったメニューで、少なくとも夏目さんが入る20年ほど前からあった。ちなみに、アナウンサーの高橋真麻さんも常連とのことで、テレビで絶賛している。

2000人が並んだ味。後楽そば
2000人が並んだ味。後楽そば
2000人が並んだ味。後楽そば

ごはんものやセットメニュー、やきそばのトッピングを頼んだ人には、そばつゆがスープ代わりに付いてくるのもうれしい。しかも、若干薄めていて、飲みやすくなっている。五反田の街で根付きたい「有楽町店がなくなる日は、たしか2000人ぐらいお客さんがいらっしゃいました。すごい行列の中でもお客さんがずっとやきそばを待ってくれて。いまでも有楽町時代のお客さんが『懐かしいね』『変わってないね』って来てくれるのがうれしいですね」そんな夏目さんは、「有楽町に戻れれば、一番いいと思いますが」と前置きしながらも、こう語る。「いまは五反田でがんばっていきたいなと。駅近にしては、人通りが少ない道沿いにあるので、まだまだ知らないお客さんもいると思います。定着するにはこれからです」

2000人が並んだ味。後楽そば
2000人が並んだ味。後楽そば
後楽そば 五反田店
東京都品川区東五反田1-26-6

おわりに

「最後の一軒」を巡る旅は、これにて終了。3店へ足を運んで、お店の方に話を聞いて思ったこと。それは、「みんな地に足が着いている」。人生経験を経て、スマートな頭と確かな腕を持ち、それでも人生で目標を失っていない人たち。僕らがいつかなりたいと思っていた「大人」の姿がそこにはあった。そんな大人たちが今日もお客さんたちを迎えている。また、「最後の一軒」へ出かけたくなった。

おわりに

新橋駅前ビルにやってきました。ビフキチは都内に5店舗、横浜に2店舗ありますが、このビルの雰囲気が好きなので今日は新橋店を選びました。地下一階にビフキチがあります。

おわりに

「飲ん兵衛のオアシスにようこそ」といわんばかりの貼り紙。サラリーマンの聖地です。

おわりに

ビーフキッチンスタンド新橋店です。いやー良いたたずまい。外国の街角を歩いていてぽっと現れるバルのようでわくわくします。新橋だし屋内だけど。

おわりに

社長の松本さん。お父様が寿司職人だったこともあり、もとは和食の世界で長く腕をふるっていたそうです。今やビフキチ7店舗のほか、もつ鍋店やうなぎ店、寿司店などの和食店も取りまとめる青年実業家。これから松本さんの話を聞きながら料理を楽しむのですが、ビフキチのおつまみたちにも、けして妥協をしない “和食の心” が見え隠れしていることに気づかされるのであります。

おわりに

ドリンクメニューで気になったのはハイボールの種類の多さ。一番下の「ニセボール」とは、ノンアルコールのハイボール。そんなのはじめて聞いたよ。ほそい「一体なんなんですかこれは」松本さん「正体を明かすと、烏龍茶のソーダ割りです!」

おわりに

まさかのシンプルレシピ。配合は企業秘密だけど、本当に烏龍茶と炭酸水のみだそうです。飲んでみると、あれ、これハイボールじゃないの? とちょっと脳が騙される感じ。かなり強炭酸なのがノンアルコールだと思わせないのだろうか。このジョッキの力もあるのだろう。ハイボールだよと出されたら普通に酔っぱらってきそうだ。ノンアルビールのような甘さがなくすっきりしていて、強炭酸の飲みごたえがあるから満足感もある。これからノンアルはこれにしたいくらい。頭が冴えそうで仕事中にも積極的に飲みたい飲み物だ。松本さん「もう飲めないのに『もっと飲め』とかいわれた時に便利ですよ。注文の時『ハイボール、(小声で)ニセで』って言ってください」ちなみに日本唐揚協会の会長(松本氏のご友人)が好きでよく飲んでいるらしいです。

おわりに

イエーガーマイスターがあるのも珍しい。イエーガーのサーバー、はじめて見た。

おわりに

ショット、コーラ、オレンジ、ジンジャーが選べて、イエーガーは試験管に入れられて来ます。コーラ割りは飲みやすくお気に入りです。

フードの安さはやっぱりすごい

フードの安さはやっぱりすごい

可愛いメニュー表は、値段も可愛い。そう、ビフキチの最大の魅力はおつまみのコスパなのですが……さすがに100〜380円てどーゆーこと? って思いますよね。一人盛りなので量は少なめだけど、飲ん兵衛にはおあつらえ向き。色々食べられるのって嬉しいもん。松本さん「たまにステーキハウスのような食堂と勘違いされることがあって、ステーキが小さいなどのクレームを受けたりするんですが、あくまでも飲み屋なんで。うちは立ち飲みからスタートして、今でも立ち飲み屋感覚でやってます。だから全部お酒のアテサイズでこの値段なんです」ステーキが看板メニューだとそういう勘違いをするお客さんもいるのだろうな。食事にしたい場合はステーキ2皿とライス(199円)を頼めば解決だ。

フードの安さはやっぱりすごい

「枝豆の浅漬け」(150円)。ピクルスです。定番の枝豆にもひと工夫ある店ってたまにあるけど、漬け物ははじめてかも。お酒のアテにぴったり。手で漬け物を食べるというのも面白い。

フードの安さはやっぱりすごい

「こぼれるフライドポテト」。130円って、某ファーストフード店のSサイズより安いし。松本さん「うちはなんでもこぼしたがるんです」絵的にもこだわるのがモットーとのこと。揚げたてあつあつでおいしい! 席についたらとりあえずコレ的な一品です。

290円とあなどるなかれ、ビフテキのおいしさに感動

290円とあなどるなかれ、ビフテキのおいしさに感動

待ってました、「名物ビフテキ(50g)」。50グラムって思ったより大きいな(実は50グラムではなくちょっとだけ多くしてるそうです。なにその隠しサービス)。鉄板の上でジュワーーと音を立ててテーブルに置かれると、本当にこれが290円なの? と疑ってしまう。松本さん「味はもちろんですが、ビジュアルと音、シズル感は大切にしてます。ジューっていってないやつは出したくないです」見た目だけでなく音も意識しているとは。和食出身の料理人だからこそ味以外にもこだわりを見せるのも納得というものか。

290円とあなどるなかれ、ビフテキのおいしさに感動

外側こんがり、中はレア。肉汁が流れ出ない焼き方だ。これ、お酒を1~2杯飲む量として十分です。ステーキ1皿をシェアしなくても、気軽に一人1皿(2皿でもいい)頼めるって嬉しい! ステーキなのにな!

290円とあなどるなかれ、ビフテキのおいしさに感動

幸せの縮図、肉と酒(ニセボールだけど)……食べてみると、一般的なステーキ店の肉に全然負けてない。むしろおいしい。ちゃんとしたステーキ肉の濃い〜味です。旨味もジューシーさもちゃんとあるよ!松本さん「仕入れにもこだわった肉ですから」食に妥協しない社長の自信が伝わってくる味。290円でここまでおいしいとは正直思ってなかったので衝撃でした。

290円とあなどるなかれ、ビフテキのおいしさに感動

松本さん「うちのオリジナルソースもかなり濃い〜つくりになってますよ」テーブルにはお醤油や岩塩など、肉を美味しく食べるための調味料が揃っていました。おすすめはオリジナルソース。左がにんにくで、右が玉ねぎ。にんにくは、にんにく丸潰し感がすごい。これつまみにお酒飲める系です。玉ねぎは玉ねぎ特有の甘さが際立っています。ステーキは甘口たれ派はこちらがおすすめ。

牛ハツのレアローストの破壊力

牛ハツのレアローストの破壊力

「牛ハツのレアロースト」。これも290円とは思えぬクオリティでした。牛のハツってこうやってちゃんと食べると高級感すごいんですね。岩塩をかけて食べてみました。コリコリした歯ごたえとクセのない肉肉しさ。牛一頭からわずかしか取れない、ある意味希少部位であります。赤ワインがほしくなる。

牛ハツのレアローストの破壊力

「馬刺しのカルパッチョ」(380円)。馬刺しは好きだけどカルパッチョははじめて食べました。馬は生でも安全だし、これ流行ってほしい。

牛ハツのレアローストの破壊力

アヒージョは4種類あって、全部199円。牡蠣のアヒージョにしてみました。小ぶりな牡蠣が5つ入ってこの値段とはやるな……。アヒージョは流行のせいかどこでもちょっと良いお値段するので嬉しすぎる。オイルは塩気がきいているのでバゲットをつけるのもよし。これはお酒をおかわりしたくなる。

牛ハツのレアローストの破壊力

こぼしスパークリング。こぼし、こぼれの付くメニューが多い。本当になんでもこぼすのか。シャンパンを目の前でこんなにこぼされるの幸せ。お誕生日でもないのに……

牛ハツのレアローストの破壊力

「人気の煮込み」(199円)はトマトベース。モツと根菜が柔らかく煮込まれていてほっとする味です。煮込みはこぼされていなくて安心しました。

牛ハツのレアローストの破壊力

「カニクリームコロッケ」(150円)。普段は好んで食べないものだけど何となく選んでみた。ちょっと気になるなーくらいのメニューも我慢せず頼めちゃうところがビフキチのいいところ。

牛ハツのレアローストの破壊力

あつあつのとろとろ〜〜、シャンパンに合う!カニの風味がたまらないです。カニクリームコロッケをちびちび舐めつつお酒を飲むの結構いいじゃんという発見をしました。

牛ハツのレアローストの破壊力

「ピザっぽいパン」(199円)。ほんとにピザっぽいパンが来た。アヒージョのオイルを垂らすと余計おいしい。

牛ハツのレアローストの破壊力

「セロリアイス」(290円)。メニューにアイスはこれ一つだけど、バニラでもフルーツ系でもなくセロリを持ってくるってどうゆうことだ。以前からメニューを見て気になってたのだが、果てして本当にセロリ味なのか? と疑いつつ食べてみると、結構セロリ度高い。聞けば、セロリの苦手な人でも食べられるライン、かつセロリ好きの人が物足りなさを感じないラインのセロリ感を意識したそうです。私はセロリが好きなんですが、セロリその物(野菜スティックとか)ではない “セロリ味の料理” って少ないんですよね。こんな爽やかなデザートになれるなんてセロリを見直しました。これは高レベルの珍味アイスだと思います。

牛ハツのレアローストの破壊力

以上、ビーフキッチンスタンドでした。噂通りの満足度の高さだった……。正直、お店に行く前はあまりの安さにクオリティに関しては期待してなかったのですが、安くても手を抜かないというのは体験してみてわかったことでした。それにしてもおいしかったな。「次は何にしよう」と、可愛いメニュー表を眺めてるだけで楽しくなるお店でした!

BEEF KITCHEN STAND(ビーフキッチンスタンド)
東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館B1

こんなにあるの…?ビーフンだけでなんと16種類以上

まず「ビーフン料理」といわれて、どんな料理を思いつきますか?「五目焼きビーフン」など、思いついても2~3種類といったところではないでしょうか?店名に「ビーフン」と掲げるだけあって、こちらのお店には8種類のビーフンメニューがあり、さらにそれぞれ「焼き」「汁」が選べます。8種類それぞれに2つの食べ方があるということは、その数なんと16種類。他にも「季節のおすすめ」にビーフンメニューがあることもあるので、それ以上の数になることもあります。こちらがそのメニュー。ビーフンは右ページの真ん中下段ですね。

こんなにあるの…?ビーフンだけでなんと16種類以上

本当ならば全メニュー制覇と行きたいところですが、胃袋と相談しつつ、今回は4種類に厳選していただくことにしました。まずは「五目ビーフン(焼き)」(税込918円)です。王道ともいえる定番メニューですが……

こんなにあるの…?ビーフンだけでなんと16種類以上

おおお!?まず見た目からして、想像していたビーフンと違う!大きくカットされた野菜がどっさりと乗っています!さて、専門店のビーフンは、一体何が違うのか……大きな具をよけてビーフンを引っ張り出すと、見た目は今まで見てきたビーフンと何ら変わりません。しかし食べてみると、すごい弾力!!!噛むとフツっと切れてしまうのがビーフンだと思っていたのですが、ここのビーフンはプリッとした弾力があり、まるで口の中で踊るような食感なんです。また、ちょうどいい具合に油を吸っていて香ばしさもあり、ほのかにお米の香りを感じさせてくれます。これが本物のビーフンだったのか……!

こんなにあるの…?ビーフンだけでなんと16種類以上

白菜、にんじん、たけのこなど大きな具材のシャキッと感が、プリップリなビーフンにこれまたよく合います。塩味は控えめで脂っこさもほとんどなく、見た目通りのあっさり感。それでいて野菜の旨味が引き出されているためか、満足感のある味に仕上がっているんです。塩気や油のおいしさがなくても食べ応えがあるなんて、老舗スゴイ……。

こんなにあるの…?ビーフンだけでなんと16種類以上

少しパンチが足りないな、と感じる方は、卓上のニンニク醤油をかけてみてください。鼻を抜けるニンニクの香りに醤油の塩気がプラスされ、いきなり食べ応えがグッと増します。このビーフンをおかずにご飯を食べたいくらいだ……。さて、まだまだいきますよ!続いては「蟹玉ビーフン(焼き)」(税込918円)です。蟹玉とビーフンっていったいどういうこと?と思うのですが、これまた予想外のビジュアルだったんです……!

こんなにあるの…?ビーフンだけでなんと16種類以上

ビーフンの上に玉子がドーン!とのっています。天津飯のビーフン版?と思いますが、食べてみて全く別の食べ物であることがわかりました。まずこの蟹玉が絶妙な半熟具合で、ものすごいふわっとろなんです!そして隠し切れないカニの香り。椎茸の旨味も合わさって、これは相当ハイレベル……!

こんなにあるの…?ビーフンだけでなんと16種類以上

焼きビーフンとカニの身が口の中でほぐれていき、それらをふわっとろの玉子が包み込んでくれて……これはご飯じゃ再現できないと思います。ビーフン料理の一つの究極形態が見えた気がしました。蟹玉自体のレベルがめちゃくちゃ高いこともあって、 これはちょっと一度食べたら忘れられない味だと思います。

汁ビーフンはもっちり食感

ここまで焼きビーフンを紹介してきましたが、やっぱり汁入りビーフンも食べておきたいところ!あまり他ではお目にかかれないですよね。というわけで注文してみたのが「肉ロースビーフン(汁)」(税込918円)。「肉ロース」って一体何の肉のロースなんだろ?とドキドキしながら待っていると、出てきたのがこちら。

汁ビーフンはもっちり食感

これは…完全に勝利のやつでは……?一口では食べられなさそうな大きい豚ロース肉が2枚も乗っています!上に乗っているのは、薄切りネギと細切りピーマン。ぱっと見はラーメンみたいなのですが、お肉の下に隠れているのはもちろんビーフンです。

汁ビーフンはもっちり食感

く〜〜!豚肉やわらけぇ~~~!!!おっと、思わずビーフン以外のところに感動してしまいました。そのくらい、やわらかジューシーな豚ロース!スープに浸かったビーフンは、焼きビーフンとはまた違い、モチっとした食感。こちらもあっさりさっぱりしています。五目焼きビーフン、蟹玉焼きビーフンの時にも感じましたが、とにかく具材ひとつひとつの作り方が丁寧!豚ロース肉は、スープにもビーフンにも合うよう、塩気がいい塩梅に仕上げてあります。ピーマンとネギもベストな火の通し加減で、独特のシャキシャキ食感と野菜の旨味をキープしたまま炒められています。

汁ビーフンはもっちり食感

あっさりしつつ、豚の脂が溶け出しているおかげで旨味とコクが強くて、塩気もマイルドなスープ。もうこのスープ美味しすぎるので缶とかに入れて自販機で売ってほしい……。時間がたつとビーフンがスープを吸い始めるのですが、ラーメンと違って伸びることはなく、多少歯ごたえが減って柔らかくなるだけ。ラーメンよりはゆっくり食べてOKです。ラストに、どうしても食べたくて追加したのは「海老ビーフン(汁)」(税込918円) 。

汁ビーフンはもっちり食感

エビの他に、炒めたキャベツともやしが乗っています。これまで食べてきたビーフンを見てもらえればわかりますが、野菜のカブりがほとんどないんですよ。これって地味にすごいことだと思っていて、同じ具材をいろいろな料理に使い回せばコストを抑えられるはず。これはつまり、コスト<美味しさというお店の姿勢をあらわしているのではないでしょうか?

汁ビーフンはもっちり食感

プリッと食感の海老に、ビーフンのプリッモチッとした弾力がよく合う……!鼻を抜けていく海老の香りが最高です。これ、海老好きの人には絶対食べてほしい。海老から出た魚介の香りはもちろんのこと、キャベツの甘みもスープに溶け出して、「肉ロースビーフン」とは全く違う、絶妙な加減にスープの味が仕上がっています。

もうひとつの名物、台湾風ちまき「バーツァン」

ビーフン東でもう一つ、絶対に食べてほしいのが、台湾風ちまき「バーツァン」(税込756円)です。通常、注文してから10分〜15分ほどかかるようなので、早めの注文がオススメ。実際に出てきたのはこちら!

もうひとつの名物、台湾風ちまき「バーツァン」

デカい!!!これ、少食な人はもうこれだけでお腹いっぱいになりそうな大きさでは……?

もうひとつの名物、台湾風ちまき「バーツァン」

つまようじと比べると、その大きさが伝わるでしょうか?中身はというと、ごろっとした角煮に、ピーナッツ、ウズラの玉子、干ししいたけが入っていて、とってもボリューミー!

もうひとつの名物、台湾風ちまき「バーツァン」

噛むたびに角煮の脂がとけてきて、もち米と絡んで次第にとろとろになっていくこの感覚は、なかなか他では味わえなさそうです……!全体にうま味と上品な香りを与えてくれる干し椎茸に、ピーナッツの香ばしい香りも良いアクセントなっていますね。

もうひとつの名物、台湾風ちまき「バーツァン」

何より、このバーツァンの味を極上のものにしてくれているのが、ものすごく丁寧に炊き上げられたこのもち米。もっちりとしていながらも粒立ちはハッキリしていて、噛んでいるうちにだんだんほぐれてきて一粒一粒から旨味が滲みだしてくるような美味しさなんです。これは一度食べたら確実にヤミツキになりますね……お酒にも合いそうです!ランチタイムには、ビーフンとバーツァンがセットで100円引きになるため、組み合わせていただく方が多いそうです。

もうひとつの名物、台湾風ちまき「バーツァン」

ビーフン東に行くときの注意点

新橋にある数々のお店の中でもかなりの人気店のビーフン東。夜は席のみの予約は受け付けていないとのこと。予約の際には必ずコース料理とセットで予約する必要があります。

ビーフン東に行くときの注意点

しかし、コースにはビーフンが1種類しか入っていないため、いろんな種類のビーフンが食べたいんだよなーという方は、予約なしの飛び入りで席があいているタイミングを狙うしかありません。胃袋に自信がある人はコースにビーフンを追加するのもアリですね。

ビーフン東ってどこ?

ビーフン東ってどこ?

新橋駅にある「新橋駅前ビル1号館」という、1960年代に建てられた老舗ぞろいのビルの2階にビーフン東はあります。ビル自体に長い歴史があるので、月日を感じさせるお店が多く入っているのですが、その中でビーフン東は、清潔で上品な雰囲気を出しています。今回、撮影することは叶わなかったのですが、厨房がびっくりするほど清潔なのです。炒め物など油っぽい料理を作ることも多いと思いますが、それでもこの清潔さはすごい……美味しいお店は見えないところも抜かりないんですね。ビーフン専門店と聞いて今回はビーフンばかり(+バーツァン)を頼んだのですが、「大きなふわふわ肉団子の煮込み」など、ビーフン以外にも美味しそうなメニューが目白押し。

ビーフン東ってどこ?
ビーフン東ってどこ?

ビーフン東は、数々の文化人が通ったというのも納得の、最高のクオリティのお店でした。近くまで来た際にはもちろん、このためだけに新橋に足を運んでも損はないですよ!

ビーフン東ってどこ?
ビーフン東
営業時間:平日 11:30~13:45(L.O.)、17:00~20:30(L.O.)土曜 11:30~13:15(L.O.)

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

僕はチェーン店が好きだ。その中でも「残り1店だけになったチェーン店」には、特別な想いを持つ。いつも楽しませてくれたお店たちの、最後の砦。僕はそんな「最後の一軒」を巡る旅に出た。

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

こんにちは、ほそいあやです。イケてるお店大好きなみんなのごはん読者の皆さんなら「ビーフキッチンスタンド」をご存知のかたも多いと思います。ビフテキ290円というインパクトで世のせんべろ民を片っ端から魅了する恐ろしい店です。もうすっかり有名だけど、ここは一度行っておかねばなるまい。ということでビーフキッチンスタンド(以下ビフキチ)で豪遊してきました。

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

中国や台湾、東南アジア、そして日本でも食べられている「ビーフン」を紹介します。ビーフンといえばここを外してはいけない!という老舗「ビーフン東(あずま)」を紹介します。

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

ジョーさん。
ジョーさん。

料理研究家。世界に一つでも多くの幸せな食卓を作り出す仕事をしています。レシピの企画開発、執筆、撮影、レシピ動画の撮影・編集を行います。公式レシピサイト「タベタノ?」:http://tabetano.main.jp/Twitter:https://twitter.com/syokojiro(企画編集:河瀬璃菜)

閉じる
ページ上部へ