六本木  人気グルメ&レストラン

六本木通り・六本木の交差点を中心としたエリア。かつてはディスコやクラブがひしめく夜の街でしたが、六本木ヒルズや東京ミッドタウンといった大型商業施設の登場により、バブルのときの華やかさとは一転、昼間も楽しめる大人の街になりました。都営大江戸線の開通により、アクセスもぐんと便利に。日本在住の外国人が多く集まり、アイリッシュパブやイタリアンバー、本格フレンチやメキシカンレストランなど、国際色豊かなお店が目立ちます。一方、大通りから一本路地を入ると、芸能人やマスコミ関係者がお忍びで通う隠れ家レストランも見つかります。

バル・ダイニングならこのお店

一度は行っておきたい。おすすめのお店を紹介

注目!地元で人気のお店

チェックしておきたい 六本木で人気のお店を紹介

イタリアンならこのお店

一度は行っておきたい。おすすめのお店を紹介

中華ならこのお店

一度は行っておきたい。おすすめのお店を紹介

一度は行きたい!人気・有名店

味も雰囲気も満足。おさえておきたいお店。

「ラムしゃぶ寿司」が悶絶する旨さ!「金の目」のラムしゃぶ食べ飲み放題がガチで天国すぎた

今回、私が食べに来たのはラムしゃぶです。そうなんです。ラム肉を・・・しゃぶしゃぶしちゃうんです・・・お邪魔したのは、「ラムしゃぶ金の目」六本木店。銀座や新宿にもあるラムしゃぶの人気店です。


ラムしゃぶです。

ラムしゃぶです。
ラムしゃぶです。
ラムしゃぶです。

「ラム肉の概念を覆します」なんて堂々としたフレーズだろうか。覆されようじゃないか。

ラムしゃぶです。

席に着くと、ラムしゃぶのセットが用意されます。

ラムしゃぶです。

食べ放題コースでは、ラム肉・野菜・おにぎり・麺がおかわり自由。ここで圧倒的人気なのは、ラムしゃぶ食べ飲み放題コース(4","860円)。飲み放題には生ビールも含まれています。生ビール含む食べ飲み放題でこの値段は天国の予感・・・メニューを見ると、断然この選択肢しかないですよね?

ラムしゃぶです。

早速、セットされていた野菜類を入れ、先に煮込んでいきます。

ラムしゃぶです。

最初はもちろん生で!まずは最初の一皿、ラム肉がお皿いっぱいにドンときた。

ラムしゃぶです。

これが食べ放題とは・・・天国かよ・・・

ラムしゃぶです。

ラム肉は薄切りにされていて、生ハムのよう。半解凍の状態で出されます。「まずはお刺身で食べてみてください」と店員さん。なんとこのまま生でも食べられるとのこと。

ラムしゃぶです。

特製のタレにつけて、おそるおそる生でいただく。 ラム肉のお刺身なんて初めて。

ラムしゃぶです。

まず第一の衝撃。薄切りのラム肉が舌の熱でスッととろけていく感覚がなんとも言えません。ルイベをすごく薄くしたような感じ。羊特有の臭みも全くなく、この状態でも延々と食べ続けたいレベル。あとはこのタレが、ラム肉とすごい合う。醤油ベースでツンとした味わいが特徴的で、ラム肉を美味しく食べるために開発されたそう(レシピは秘伝らしく、教えてもらえませんでした)。

ラムしゃぶです。

また食べ飲み放題を頼んだ人にはもれなく、この北海道の地酒「親玉」がついてきます。甘口のにごり酒で、辛口のタレと良く合う。

ラムしゃぶです。

こちらは最初についてくる食べ放題のおにぎり。この見覚えのある形はアレか?おにぎりっていうより、アレか?彼らは、後ほど活躍します。 いざ、しゃぶしゃぶスタート!!!

ラムしゃぶです。

すごく薄切りなので、1枚ずつではなく2、3枚まとめてしゃぶしゃぶして食べるのがスタンダードのこと。しゃぶしゃぶするのも1、2秒で大丈夫。ふぐ刺しの複数枚取り(長嶋食い)に似た、なんだかいけないことをしている気分になる・・・

ラムしゃぶです。

スッ

ラムしゃぶです。

スッ・・・

ラムしゃぶです。

しゃぶしゃぶしゃぶしゃぶしゃぶしゃぶしゃぶしゃぶしゃぶ

ラムしゃぶです。

引き上がりました。一瞬でしっとりとした姿に。いただきます。

ラムしゃぶです。

これ、めっちゃうまい。お湯にくぐらせることで、ラム肉がより味わい深くなりました。薄切りで口当たりも良く、いくらでも食べられます。そしてそして、こんな食べ方もある。

ラムしゃぶです。

ヌッ

ラムしゃぶです。

スッ

ラムしゃぶです。

食べ放題のおにぎりは、しゃぶしゃぶさせたラム肉を乗せて食べるためにあったのです。酢飯ではなく普通のお米。テーブル備え付けのごま塩を振りかけていただきます。

ラムしゃぶです。
ラムしゃぶです。

これもウマ〜〜〜〜〜〜イ!!!!

ラムしゃぶです。

なんですかこの高級肉寿司は。あたたかいレア状態のラム肉とお米の集合体が巡り合ってしまうと、口の中で素晴らしい科学反応が起こる。相性がすっごく良い。例えるならば、さえない町娘が見初められて、ドレスで着飾って新しい自分に出会っちゃうような、そんな感じ。

ラムしゃぶです。

伝わりますかね?

ラムしゃぶです。

これは六本木店限定のサービスなのですが、なんとずわい蟹までついてきました(期間・店舗によって異なります)。

ラムしゃぶです。

カニしゃぶ。こんな贅沢しちゃっていいんですかね?

ラムしゃぶです。

こちらはオプション(300円)でつけられる7種類の塩。カレー塩、山椒塩、ヒマラヤの岩塩など、色々な味で楽しむことができる。1テーブルに提供されるので、出来ればこちらも試してみて欲しい・・・!私のオススメはヒマラヤの岩塩です。

ラムしゃぶです。

最初はためらっていたラム肉複数枚取りもどんどん躊躇なくできるようになってきます。だって食べ放題だもんね!

ラムしゃぶです。

お肉取って

ラムしゃぶです。

しゃぶしゃぶして

ラムしゃぶです。

食べる。

ラムしゃぶです。

一息ついて

ラムしゃぶです。

おかわりして

ラムしゃぶです。

しゃぶしゃぶして

ラムしゃぶです。
ラムしゃぶです。

食べる!!!!!

ラムしゃぶです。
ラムしゃぶです。

締めの中華麺を頼みます。モチモチのちぢれ麺。

ラムしゃぶです。

どばっと投入して

ラムしゃぶです。

今までの特製ダレでつけめん風に食べる。麺自体がしゃっきりしているので、最後までさっぱりといただけます!店員さんに「皆さんどれくらい食べられるものなんですか?」と聞いたところ、男性でも女性でもどんどんおかわりされるとのこと。なんと、一人で8皿食べた人もいるらしい。こんなに太っ腹でお店の方は大丈夫なのか・・・?と本気で心配してしまうレベル。もやしとラム肉を一気に鍋に入れて、ラムもやしミルフィーユ鍋にしてしまう食べ方も人気らしい。

ラムしゃぶです。

ふう、よう食べた。お腹いっぱい。ごちそうさまdちょっと待った〜〜〜〜〜〜!!!!!

ラムしゃぶです。

「ラム肉ともやしでミルフィーユ鍋にして食べる」なんて聞いてしまったら、食べない手はないですよね??ということで、ラム肉と野菜を追加注文。一人前単位ではなく、半人前でも頼むことが出来るのも嬉しいポイント。さて、ラストスパートだ。

ラムしゃぶです。

これをまとめて

ラムしゃぶです。

ドーーーーン!!!!これは、もう鍋です。しゃぶしゃぶじゃなくて、ラム鍋です。

ラムしゃぶです。

透明なつゆにキラキラと光り輝くラム。赤と白のコントラスト。こんなに美しい芸術作品が、今までにあっただろうか…?

ラムしゃぶです。

ラムに火が通り過ぎないうちに、シャキシャキのもやしを巻いて食べる。ヘルシーでダイエットの味方、代謝も上がり美肌効果。しかも美味い。これ、全国の女性が食べない理由がなくない?ねえそうじゃない?

ラムしゃぶです。

食後にはちょっとしたデザートもついてくるのが嬉しいポイント。ごちそうさまでした!!

ラムしゃぶです。

今回行った「ラムしゃぶ金の目」は、六本木以外に新宿、銀座にもあります。なんと、渋谷にも4/21にオープンしたそう。本ッ当に美味しいので、 是非是非みなさま行ってみてください!

ラムしゃぶ金の目 六本木店
住所:東京都港区六本木4-12-11 竹岡ビル2F

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

みやけ(@a_komotomo)
みやけ(@a_komotomo)

みやけの過去の記事はこちら

閉じる
ページ上部へ